« Gmail モバイルが刷新される | トップページ | 玄箱 - KURO-NAS/X4発表 »

2008年10月28日 (火)

Microsoft Windows Azure を発表

マイクロソフト、Windowsのクラウド版「Windows Azure」を正式発表

AmazonのAS3、いや将来的にはもっと幅広いサービスになっていくんでしょうね。
なんといってもWindowsの名前を冠しているわけですから。

しかしまあ、当分の間は開発者が触る環境であって、記事のタイトルから想像できるようなエンドユーザーが使うWindowsではないと思います。

Windows Azureで提供される機能はサーバー用途のものが多いようです。
つまり、現在企業が持っているようなサーバーの代わりになるよ~という感じです。
特にWebサービスを提供している会社には便利かもしれません。

つまりWindowsXP/Vista じゃなくてWindows Serverの一歩先って感じですね。
どうも記事のタイトルだとWindowsXP/Vistaのほうの最新なイメージがします。

そう思うとエンドユーザーには対して関係ないか、と思ってしまいますが、将来的にはそうでないかもしれません。
MSがこのWindows AzureをベースにWebアプリとしてのOfficeとかの提供を始めたらエンドユーザーも直接Azureを使用することになります。実際そういう計画みたいですし。

現在、Exchange Server、Outlook Web Access(あれはよくできてます)みたいにAzureに簡単に移行できそうなサービスをMSは多く持っています。そんなに遠くない将来、それらをAzureベースでライセンス販売する、という風にサービスを変えていくのかもしれません。

この短い期間にクラウドサービスはほんと多くなってきました。
これで一気に移行が加速するのか?これはたぶんNoでしょう。
クラウドに移行する明確でわかりやすいメリットが、十分にないからです。セキュリティとかね。

しかし、ITの大きな流れはクラウドに向いています。
そういう意味で技術者はAzureをチェックしておく必要はありますね。

|

« Gmail モバイルが刷新される | トップページ | 玄箱 - KURO-NAS/X4発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/24807878

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft Windows Azure を発表:

« Gmail モバイルが刷新される | トップページ | 玄箱 - KURO-NAS/X4発表 »