« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月28日 (火)

Microsoft Windows Azure を発表

マイクロソフト、Windowsのクラウド版「Windows Azure」を正式発表

AmazonのAS3、いや将来的にはもっと幅広いサービスになっていくんでしょうね。
なんといってもWindowsの名前を冠しているわけですから。

しかしまあ、当分の間は開発者が触る環境であって、記事のタイトルから想像できるようなエンドユーザーが使うWindowsではないと思います。

Windows Azureで提供される機能はサーバー用途のものが多いようです。
つまり、現在企業が持っているようなサーバーの代わりになるよ~という感じです。
特にWebサービスを提供している会社には便利かもしれません。

つまりWindowsXP/Vista じゃなくてWindows Serverの一歩先って感じですね。
どうも記事のタイトルだとWindowsXP/Vistaのほうの最新なイメージがします。

そう思うとエンドユーザーには対して関係ないか、と思ってしまいますが、将来的にはそうでないかもしれません。
MSがこのWindows AzureをベースにWebアプリとしてのOfficeとかの提供を始めたらエンドユーザーも直接Azureを使用することになります。実際そういう計画みたいですし。

現在、Exchange Server、Outlook Web Access(あれはよくできてます)みたいにAzureに簡単に移行できそうなサービスをMSは多く持っています。そんなに遠くない将来、それらをAzureベースでライセンス販売する、という風にサービスを変えていくのかもしれません。

この短い期間にクラウドサービスはほんと多くなってきました。
これで一気に移行が加速するのか?これはたぶんNoでしょう。
クラウドに移行する明確でわかりやすいメリットが、十分にないからです。セキュリティとかね。

しかし、ITの大きな流れはクラウドに向いています。
そういう意味で技術者はAzureをチェックしておく必要はありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

Gmail モバイルが刷新される

Gmail モバイルの UI を刷新しました

お~、これは見やすくなった!
しかもまとめて削除とかできるようになったし。

最近は特に外出が多くなったので、移動中のメールの確認は携帯でGmailモバイルです。
とりあえず見るだけみて、帰ってから返信とか、短文で即答できる件ならそのまま返信します。

なので見やすくなるだけでも地味にありがたいですね~。

PCのほうでは絵文字に対応したそうですが、まあ、PCで絵文字はどうでもいいです。ボク的には。

っていうか絵文字をちりばめて書いてあるブログがありますが、どうも読みづらいです。あれって慣れの問題なんでしょうか?まあ携帯で絵文字が使われ始めた頃も気持ち悪かったもんです。そのうち慣れますかね?

Docsも携帯で書けるようにならないかな?
ちょっとでいいから今書けたらいいのにって時があります。

そのうちできるようになるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

アマゾンが食品や飲料の販売を開始

アマゾンジャパンが食品&飲料ストアを開設したようです。

もうほんと、なんでも売ってますね。
食料品もそろったので、アマゾンだけで生活できるようになりました(笑)

で、ふと思ったんですが、この食品や飲料も個人出店できるんですかね?アマゾンだけに。

そう思ったので、調べてみたらマーケットプレイスでは今のところできないみたいです。
やはり個人出品では信用とか安全性に不安があるということでしょうか。

でも、プロマーチャントのほうでは出品できるようですね。

法人格をもって、ある程度流通量が維持できるようであれば出品が可能ということみたいです。
これはちょっと興味深いですね。

中小の食品製造業社が自社商品を直接売れるだけでなく、農事法人なんかが安全で新鮮な野菜を提供、なんてこともできると思います。そういう業者はよい製品はつくれても、販路の開拓が苦手。というところが多いです。そういうところが巨大な流通インフラであるアマゾンを活用できるというのはメリットが大きいかもしれませんね。

なんかこう、ユニークな販売形態とか商品とか、でてこないかなあ。

ちょっと先が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

WEPを瞬時に解読する方法が発表される

CSS2008において、WEPを瞬時に解読する方法が発表されたようです。
発表者は神戸大学大学院の森井昌克教授。

WEP(Wired Equivalent Privacy)は、無線LANの暗号通信規格の一つ。
以前から解読できることが知られていましたが、実現が非常に困難な方式でした。
しかし今回発表された方式では、特別な環境を用意しなくてもよく、且つ一瞬で解読できるとのこと。

アルゴリズムはまだ公開されていませんが、近日公開予定とのこと。

これはもうWEPでの暗号化は意味なしになりますかね。

最近の無線LANアクセスポイントはWPAやWPA2が標準です。
しかし、4~5年前の無線LANアクセスポイントはWEPしかなかったと思います。
つまり、古い無線LANアクセスポイントを使用したままだと、容易に不正侵入される可能性が高いというわけです。

無線LANをお使いの方は、機器を確認して買い換えなどしたほうがいいでしょう。

そういえば無線LANが普及し始めたころ、ウォードライビングというのが流行りました。
無線LAN機能を持ったパソコンを持って街中を走り回り、暗号化されていないアクセスポイントを探すという一種の遊びです。(当時は遊びで済ますことができてました)

アクセスポイントの暗号化が一般的になった近頃ではやる人が少なくなったようですが、また近いうちに再燃するかもしれません。今回発表される方式を元にすぐにWEPクラックツールが開発されるでしょうからそれを使ってWEPのアクセスポイントに侵入しまくるクラッカーはたくさん出てくるでしょう。

クラックされるとスパムメールの発信元にされたりファイルを盗まれたりと、えらい目に遭う可能性があります。

システム管理者のみなさん、自宅の環境はもちろん、会社の環境も今のうちに確認しといたほうがいいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

金木犀がいいにおいだった

先週、今週と外出してたり雨だったりで5日間ほど山歩きをしていませんでした。

これはいけないということで、今日は久しぶりに歩いてきました。
天気よかったし。

さてもまあ、たった5日といえど鈍りますね。
普段なら中腹くらいまでならさくさく上ってるんですが、今日はしんどかったです。

変な歩き方をしてるみたいで膝が痛くなってくるし。
途中で引き返そうかなと思ったけど、天気がいいので頂上の神社に行ったら見晴らしがいいだろうなあと思ってがんばって上がりました。

案の定、なかなか爽快な眺めでしたよ。

頂上近くに茶屋のようなのがあるんですが、そこのプランターにきれいな花が咲いてました。
その辺ではもうはあはあいって気持ちがダレダレで歩いてたんですが、色鮮やかな花が目に入って気分が持ち直しました。なんかこういうのありがたいですね。

Abcd0001

さらに山頂の神社の傍らには金木犀が咲いていました。

Abcd0002

秋口に咲く草花はちょっと控えめな感じがして好きです。

もう金木犀の季節なんですよね~。
そりゃあそうか10月だもんなー。

細かい時間の単位で動いていると、季節など大まかな単位に関心が薄くなりがちです。
山を歩いていると草木や空の変化で季節の動きがとてもわかりやすいです。

田舎で暮らしていた子どもの頃は、草や花や獲れる魚で季節を知り、空の色で天気を呼んでいました。

その感覚を忘れないように、山歩きはこまめに行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

ATOK2008 をつかってみる

ATOK。

そういえば、最後に使ったのは何年前になるのか。。。
たしかWindows95のころにはインストールしていたような気がします。

当時はIMEの変換なんかどうにも我慢がならないレベルでした。
なので必然的にATOKを使っていたわけですが、いつの頃からかIMEがそこそこマシになり、わざわざATOKを買わなくてもいいかな。と思って使わなくなったような記憶があります。

今ではもうIMEの誤変換の具合に完全に慣れてしまっていますね。
たとえば、あんまり長い文章を一気に変換すると誤変換が多くなるので、単語ごとに変換をしながら文章を入力していくとか。

IMEが間違えるクセをこっちがなんとなく覚えてしまっている。
「パソコンの漢字変換なんてこんなもんだよな~」みたいな感覚で使ってしまっています。
。。。よく考えてみると、これでいいのか?って話ですねw

まあ、そんなことも考えないままIMEに慣れさせられてしまっていたわけですが、ちょっと前にATOK定額制サービスが開始されたというニュースを見ました。

月々300円で使えるとか。年額で考えるとまあそこそこしますが、これはなかなかいいサービスかもしれないな、と思いました。仕事柄パソコンで文章を書くのはライフワークなので、文章の入力は少しでも効率がよいほうがいいです。試してみる価値はあるかな?と思いました。

で、さっそく体験版をインストールして使ってみました。

200810011

数分使っただけの印象ですが、長文の一括変換はIMEより精度がいいですね。
あと、携帯電話みたいに入力の途中で文章の候補をあげてくれる推測変換がなれると便利かなと思いました。

とはいえ、IMEでのちまちま変換になれてしまっている身体では、それほど入力が快適になったとはまだ思えないです。もっとがっつりレポート書いたりとかやってみないといけませんね。

細かい機能で、こりゃ便利かも!と思ったのがありました。

200810012

単漢字情報の下の方に、各文字コードでの値が表示されます。
日本語処理関係のプログラムを書いているときにこれは参考になります。
Unicodeの表記とか、python書いてると結構調べないといけないんですよね。
文字コード表起動しなくてもいいなんて楽!

あと、いいなと思ったのは拡張辞書のダウンロードサービスとか。
郵便番号辞書はIMEにもありますが、ぎょうせい公文書表記辞書とか行政向けの提案書とかに使えると思います。

行政関係では独特の表記が求められることがあります。
例えば、教育機関では「こども」は「子供」ではなく「子ども」と表記するとか。
供は常に親と同伴のイメージがあるので自立できてない印象を与えるのだとか。

そういうつい忘れそうな表記を辞書がサポートしてくれるのなら、ありがたいです。

とりあえず、体験版の利用期間が一ヶ月あるので仕事が楽になるかどうか、使ってみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »