« Microsoft, jQuery対応を推進 | トップページ | 金木犀がいいにおいだった »

2008年10月 1日 (水)

ATOK2008 をつかってみる

ATOK。

そういえば、最後に使ったのは何年前になるのか。。。
たしかWindows95のころにはインストールしていたような気がします。

当時はIMEの変換なんかどうにも我慢がならないレベルでした。
なので必然的にATOKを使っていたわけですが、いつの頃からかIMEがそこそこマシになり、わざわざATOKを買わなくてもいいかな。と思って使わなくなったような記憶があります。

今ではもうIMEの誤変換の具合に完全に慣れてしまっていますね。
たとえば、あんまり長い文章を一気に変換すると誤変換が多くなるので、単語ごとに変換をしながら文章を入力していくとか。

IMEが間違えるクセをこっちがなんとなく覚えてしまっている。
「パソコンの漢字変換なんてこんなもんだよな~」みたいな感覚で使ってしまっています。
。。。よく考えてみると、これでいいのか?って話ですねw

まあ、そんなことも考えないままIMEに慣れさせられてしまっていたわけですが、ちょっと前にATOK定額制サービスが開始されたというニュースを見ました。

月々300円で使えるとか。年額で考えるとまあそこそこしますが、これはなかなかいいサービスかもしれないな、と思いました。仕事柄パソコンで文章を書くのはライフワークなので、文章の入力は少しでも効率がよいほうがいいです。試してみる価値はあるかな?と思いました。

で、さっそく体験版をインストールして使ってみました。

200810011

数分使っただけの印象ですが、長文の一括変換はIMEより精度がいいですね。
あと、携帯電話みたいに入力の途中で文章の候補をあげてくれる推測変換がなれると便利かなと思いました。

とはいえ、IMEでのちまちま変換になれてしまっている身体では、それほど入力が快適になったとはまだ思えないです。もっとがっつりレポート書いたりとかやってみないといけませんね。

細かい機能で、こりゃ便利かも!と思ったのがありました。

200810012

単漢字情報の下の方に、各文字コードでの値が表示されます。
日本語処理関係のプログラムを書いているときにこれは参考になります。
Unicodeの表記とか、python書いてると結構調べないといけないんですよね。
文字コード表起動しなくてもいいなんて楽!

あと、いいなと思ったのは拡張辞書のダウンロードサービスとか。
郵便番号辞書はIMEにもありますが、ぎょうせい公文書表記辞書とか行政向けの提案書とかに使えると思います。

行政関係では独特の表記が求められることがあります。
例えば、教育機関では「こども」は「子供」ではなく「子ども」と表記するとか。
供は常に親と同伴のイメージがあるので自立できてない印象を与えるのだとか。

そういうつい忘れそうな表記を辞書がサポートしてくれるのなら、ありがたいです。

とりあえず、体験版の利用期間が一ヶ月あるので仕事が楽になるかどうか、使ってみたいと思います。

|

« Microsoft, jQuery対応を推進 | トップページ | 金木犀がいいにおいだった »

コメント

どうも、初めまして。
> 供は常に親と同伴のイメージがあるので自立できてない印象を与える
そんな、アホな。お役所は、どうでもいいことにこだわりますね。
ところで、お役所では地域により送りがなの表記ルールが異なっていて、県ごとに違うのはもちろん、同じ県でも県庁と市町村とでも違っていると聞いたことがあります。
そんなどうでもいいことは、統一すればずっと効率が上がるのに、ムダですね。

投稿: さかとも | 2008年10月 2日 (木) 09時09分

さかともさん はじめまして。

そうですね、仕事をしていて無駄なことが多いなと感じることもよくあります。

しかし、それはお役所だけが悪いとは言えないこともたくさんあります。お役所に上がってくる住民からの要求やクレームなどは実際無茶なものも多くて、それを検討した結果、おかしな規則ができることがあるからです。

上記のようなことにしろ、どこかの人権団体などが表記にクレームをつけて検討した結果だったりするかもしれませんね。

行政はそのような要求を合理的に判断していただくことがもちろん必要だと思いますが、住民のほうでも無茶な要求をあげないこと、行政の判断を合理的に受けとめる姿勢なども必要かと思います。

そういうバランスがとれてこそ、行政の無駄な仕事や税金の無駄遣いも減るんじゃないでしょうかね。

投稿: rihi | 2008年10月 3日 (金) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/24145477

この記事へのトラックバック一覧です: ATOK2008 をつかってみる:

« Microsoft, jQuery対応を推進 | トップページ | 金木犀がいいにおいだった »