« Google Chrome Beta 不正に記述されたimgタグで要素の検証を実行するとクラッシュするセキュリティホール | トップページ | Google Chrome Beta を最新版にアップデートしてみる »

2008年9月 6日 (土)

Google Chrome Beta にCSSの不正な記述でクラッシュするセキュリティホール

先ほどの記事の追記です。

単純な応用ですが、CSSで記載した場合でも同様の問題が発生しました。
CSSでbodyやliなどのbackgroundの画像指定に非常に長いURLを指定し、要素の検証でインスペクタを開いて、問題のElementを選択した瞬間、Chromeがクラッシュします。

4

まあ、前回のやつから容易に想像できる現象なんですが、これでインスペクタのURLの扱い自体に問題がある可能性が高いことが判りました。
それが判るだけでも様々な悪用に発想を展開できるわけで、イカンのです。

繰り返しになりますが、こういう問題には早急にパッチ配布なりバージョンアップなりで対応してほしいです。

|

« Google Chrome Beta 不正に記述されたimgタグで要素の検証を実行するとクラッシュするセキュリティホール | トップページ | Google Chrome Beta を最新版にアップデートしてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/23539987

この記事へのトラックバック一覧です: Google Chrome Beta にCSSの不正な記述でクラッシュするセキュリティホール:

« Google Chrome Beta 不正に記述されたimgタグで要素の検証を実行するとクラッシュするセキュリティホール | トップページ | Google Chrome Beta を最新版にアップデートしてみる »