« ほぼ10年ぶりに行ってみると懐かしかった | トップページ | 利用規約改定でおもったこと »

2008年3月20日 (木)

スローブロガー

ファーストブロガーとスローブロガー

まあ、時勢における反論と言うのは常にあるわけで、こういうのもその一つだと思うのですが、そういう意味でも興味があります。

まあ、ブログというツールを使えば手軽に記事をWEBに公開できるわけですが、だからといって速く書かないといけないというわけではなく、ましてや情報が粗雑であってもかまわない、というわけでもないでしょう。事実、情報を検索する一ユーザーの立場からするとアクセスアップのためにキーワードだけ羅列されたブログや不正確な情報なんかはネットで調べ者をする上で邪魔です。

ストイックに考えると、ネットで記事を公開するという行為には当然その行為に責任があるわけで、その記事の情報にも責任を負うべきです。それは例えば新聞記者が記事情報に負うべき責任と同じようなものだと思います。そういう意味ではある程度ネットで記事を公開する再にはある程度情報の精度を確かなものにしたほうがよいとも思えます。

そう思うのはボク自身が一つの記事を書くのに時間をかける方で、憶測や噂の感想なんかをあまり考えずに書いたりするのが好きじゃないからだと思います。この辺はネットを使う目的や嗜好によるところで良い悪いの問題ではないと思います。先の記事にあるように、どちらに価値を見出すのか?ということですね。

ファーストブロガー、スローブロガーは今後もごく自然に両立していくでしょう。
今後ブロガーの数自体が増えていけば、それぞれでマーケットが確立されていくでしょうね。
ボクはどっちかというとスロー派でしょうかね。

|

« ほぼ10年ぶりに行ってみると懐かしかった | トップページ | 利用規約改定でおもったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/11560733

この記事へのトラックバック一覧です: スローブロガー:

« ほぼ10年ぶりに行ってみると懐かしかった | トップページ | 利用規約改定でおもったこと »