« AcriveRecordをさわってみる その2 | トップページ | ビデオにも広告 »

2008年2月22日 (金)

Ubuntuもモバイル重視

Canonical、モバイル重視のUbuntu Linux「Intrepid Ibex」を明らかに

4月にHardy Heronのリリースが控えているので次の次のバージョンということになりますね。開発コードIntrepid Ibexは”勇敢な野ヤギ”ということで、今度はヤギですか。ちなみにアイベックスというのはこんなヤギらしいです。

なんとUbuntuはモバイル対応に注力するということで、本当にワークステーションLinuxという位置を追求していこうという姿勢が強くうかがえます。「インターネット」と「モバイルユーザビリティ」は今後のワークステーションのキーワードであり、同時に課題だと思います。

発表の中の「全面的なインターネット接続サポート」というのはソフトウェア的にはどんなものになるのか気になるところ。ThinkVantage Accress Connectionsみたいなものをつくるってことなんでしょうか。ThinkPadユーザとしてはとても便利に思っているのでぜひやってほしいところです。

モバイルに関してはタッチペン対応などやること盛りだくさんだと思います。ここでニンテンドーDS対応とかどうでしょうかね?w

ちょうどUbuntuを持ち運びたいからEeePCどうしようかなーと思ってたところです。
Intrepid Ibexがリリースされて少し待ったら対応モバイル製品が出るかも。それまではUSBメモリにUbuntuをインストールして持ち歩く日々にしましょうかね。

ちなみに今月のハッカージャパンでは、EeePCにUbuntuを入れるレポートが掲載されています。中国版のEeePCですが。

|

« AcriveRecordをさわってみる その2 | トップページ | ビデオにも広告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/10661895

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntuもモバイル重視:

« AcriveRecordをさわってみる その2 | トップページ | ビデオにも広告 »