« Arcが公開 さっそくつかってみる | トップページ | EeePCを買ったら何に使おうか? »

2008年2月 1日 (金)

オーディオブックとかのこれからが気になる

Amazon.com,オーディオ・ブック販売のAudibleを3億ドルで買収へ

そういえばそんなものもあるよなー、程度の認識しかないオーディオブックですがアメリカではけっこう普及しているみたいです。気になって調べてみると伊藤忠商事の記事ではアメリカでの市場規模は1000億円あるとか。そりゃあポッドキャストとかで売れるなあと思うわけですが、日本ではどう受け入れられるか気になるところです。

オーディオブックっていうのはいわゆる本の朗読ですよね。たま~にラジオをつけていると小説やエッセイの朗読に当たることがありますが、気持ちが静かになっていいときがあります。しかし、ボクはどっちかというと本を読むほうが好きですね。まあその一方で弱視とか視覚障害の方には非常に有用だったりすると思います。

読書は本を読むこと自体が楽しいのだと思いますが、情報の取得という観点では、字を読むより音声を聞くほうが速い場合があります。あと、音声だとながら作業で情報が取得できるというメリットもありますね。本の種類によってはオーディオブックのほうが効率いいものもあるのかもしれません。

今まで文字でしか存在しなかった情報が音声でも取得できるということは、選択肢が増えて単純にいいことだと思います。そう考えるとWEBサイトなども今後音声読み上げなどに対応していく流れが生まれるかもしれません。最近草案が公開されたHTML5には音声読み上げを考慮した仕様があることも後押しになるんじゃないでしょうか。

ブログ、動画とトレンドシフトしてきているWEBですが、音声読み上げがトレンドになるかも、と考えても自然な気がします。

|

« Arcが公開 さっそくつかってみる | トップページ | EeePCを買ったら何に使おうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/10184657

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオブックとかのこれからが気になる:

« Arcが公開 さっそくつかってみる | トップページ | EeePCを買ったら何に使おうか? »