« Ramaze - 簡単なものをつくってみる | トップページ | Firefox Mobileに新しいデザイン »

2008年2月 8日 (金)

OpenIDがそろそろ

OpenID推進団体にGoogle/IBM/Microsoft/VeriSign/Yahoo!が参加

だそうで、そろそろOpenIDが本格的に使われていきそうな気配です。
先日、YahooJapanがOpenIDに対応しましたし日本のサービスも今年中にほとんどが対応してくるんじゃないでしょうか。やるとなったら速いですからね。

アカウントの統一みたいなことは何年も前から言われてきたことで、ITベンチャー企業の開発構想でもたまに耳にした事ですが、WEBアプリケーションがだいぶ普及してきたことで必要性が現実的になってきたということでしょう。考えてみればボクもお客さんと普通にGoogle Docsとかでデータを共有したりしてますし。

WEBアプリケーションがローカルなアプリケーションと並ぶほど普及するには、今後いろいろ基盤を整備しないといけないのですが、まずは認証の煩わしさを解消するのは先決です。またこれが解消されると、よりWEBアプリケーションの普及や開発は進むと思います。ユーザーのアカウント管理が楽になるのはもちろんのこと、WEBアプリケーション同士の相互連携もやりやすくなるからより便利なサービスが生まれてくるでしょうね。

WEBアプリの連携といえばOAuthという仕様があります。先日仕事先で教えてもらいました。
OAuthはWEBアプリケーション間でアクセス制御を実現するための仕様だとか。OpenIDの普及が一段落すると、次はこういったプロトコルの実装がブームになるかもしれません。

昨日、LUNERRのベータ版が公開されたそうです。数年前まではどうなるかなーと思っていたWEBアプリケーションですが、そろそろ本格的になってきたかな。と思いました。

|

« Ramaze - 簡単なものをつくってみる | トップページ | Firefox Mobileに新しいデザイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/10327674

この記事へのトラックバック一覧です: OpenIDがそろそろ:

« Ramaze - 簡単なものをつくってみる | トップページ | Firefox Mobileに新しいデザイン »