« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

Arcが公開 さっそくつかってみる

「ハッカーと画家」の著者が新しいLisp系言語「Arc」を公開

Lispの方言がまた増えたよーという理解でいいんでしょうか。
まあ新しい言語と聞くと使ってみたい衝動に駆られます。

というわけで、さっそくつかってみようと思います。
Lispはあそびでちょっと使ってみただけなのであまりわかりませんけどw

まずはインストール。
あまり考えず、Windows XPにインストールしてみました。
ArcはMzShemeをオーバーラップしているのでまずMzShemeをインストールします。
マイコミの記事にしたがってv352にします。

MzSheme v352 - Windowsバイナリ
http://download.plt-scheme.org/mzscheme/mz-352-bin-i386-win32-exe.html
をダウンロードして、インストールします。
デフォルトのインストール先はC:\Program Files\MzSheme ですが、ボクはなんとなくC:\MzShemeにしてみました。

次にArc
http://ycombinator.com/arc/arc0.tar
をダウンロードして、MzShemeのフォルダ(この例では C:\MzSheme)に展開します。
すると、C:\MzScheme\arc0 にファイルが展開されます。

コマンドプロンプトで次のように入力します
---
C:\MzScheme>MzScheme.exe -m -d arc0\as.scm
---

---
C:\MzScheme>MzScheme.exe -m -d arc0\as.scm
Use (quit) to quit, (tl) to return here after an interrupt.
arc>
---
みたいな感じでArcが起動します。

一番最初はやっぱりHello World!だと思うので、やってみます。
(マイコミ記事の画面画像のHello World!って合ってますか・・・?)
---
arc> (def hello() (prn "Hello World!"))
#<procedure: hello>
arc> (hello)
Hello World!
"Hello World!"
---

チュートリアルをナナメ読みして書いたのでもっと正しいやつがあると思いますがまあ出力はできているということでw

今後、どのような開発に使われるか楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

PythonDebelopersCamp2008の素敵なホテル

昨日打ち合わせのために梅田に出ていたら、たくさんのパトカーがサイレンを鳴らして走り回っていました。しかもいろんな方角に走っていってたんで「テロでもあったんだろうか」と思っていたら、こんなことがあったんですね。
http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/news002195.html
なんとも人騒がせな。警察の方ご苦労様です。

さて、Python Developers Camp 2008というのが開催されるようです。
http://www.python.jp/Zope/PyLog/1201102994

Pythonは最近気に入っていて、ヒマがあればモジュールを試したりしています。
仕事でコードを書くまではまだいってないです。Developer Campでは座談会のように自由にプログラムを作っていくそうで、なんか面白そうですね。

まあしかし、そんなに書けないビギナーなボクが行ってもアレかなーと思っているんですが、会場の松本ホテル花月がなんとも素敵なホテルです。洋館好きなんですよねーこれは何も無くても行ってみたいところですね。

まあ、主にホテルの素敵さに惹かれてw行ってみたいなーどうしようかなーと思っている数分間です。参加したい方はGoogleグループのMLに参加すればいいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

iGoogle Themes API

最近あまりネットみてなくて。なんとなくGoogleのブログを巡回しているくらいです。
まあGoogleのブログもけっこうたくさんあるので3つ4つみてお腹いっぱいみたいになっちゃうんですけどね。

で、当然ネタがGoogleで続いていってます。Google本家ブログGoogle Codeブログにポストされていますが、iGoogleの画面をカスタマイズできるAPIがリリースされたようです。iGoogleはガジェットやタブの追加ができて便利なのでボクはブラウザのホームページに使ってますが、コンテンツだけでなくデザインも自由度が高まったようです。

詳しくはまだ読んでませんが、作り方はdeveloper guideに記載されているようです。Googleのデザイナーによるサンプルも載ってますね。まあなんかヒマーなときの時間は潰せる感じなので、ヒマができたらやってみたいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

Youtube - Google Developers channel

2008年になりましたね。もう2000も8年になったか、という感想です。
なんか「新しい年だー!」というよりはもう年が変わったのか、という感じ。齢をとったからそう感じるのかなとも思いますが、なんだか最近はみんなそんな感じのようです。
2000年という世紀の変わり目を経験しているから、年の変わり目は感動が薄くなっているのかもしれません。

さて、今年一発目にネットを眺めてて気になったネタは、Google Code Blogからでした。記事によるとYoutubeにGoogle Developers channelなるものが開設されているそうです。

Google Developers channelは名前のとおりGoogleの開発者向けのビデオを集めたチャンネルで、ここでGoogle APIなどのチュートリアルや講義などをビデオ配信していくようです。
記事では、新年の抱負としてGagetsとgDataについてのビデオがピックアップされています。正月ヒマならこれで遊んでーということでしょうかね^^

Youtube等の動画配信サイトがおよそ2年くらい経ちますが、インターネットの主要なコンテンツとして徐々に浸透していっている感を受けます。WEBサイトはまだまだ文字と静止画がメインですが、コンテンツ作成や配信が容易で情報密度の高いWEB動画は文字や静止画にない配信メリットを持っていると思います。

開発者が開発についての情報をさがすとき、WEBではチュートリアルやwikiやBBS、Blog、メーリングリストなどが主ですが、今後このようなビデオチュートリアルなども重要な情報源になるのかもしれません。ただ、そうなるには必要な動画を効率よく検索できるシステムが必要なんですが、まあ、たぶんGoogleはがんばって研究しているんでしょう。そのためにYoutubeを買ったんじゃないかと思っています。

検索した情報が動画で説明されたり、ビジュアルに表示されるってのは近未来SF映画みたいでなかなかサイバーだなと思いますが、ただ会社で技術情報を検索して動画で見ていると上司に文句言われそうですよねw
まあ、そのへんも時代とともに変わっていく価値観なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »