« 3rdRail + Ubuntu Model作成時にエラー | トップページ | 中国報道の捉えかた »

2007年10月18日 (木)

3rdRailがWindowsでやっと起動した

10月は外出が多かったりカゼひいたりしていつにもましてあっという間に時間が過ぎてる気がします。で、気付いたらブログもぜんぜん更新せず。まあ、毎日書くタイプじゃないんですがさすがに10月も半ばになっているのでそろそろ書かないとアレですね(^^;

2週間前くらい前にできてたんですが、Windows上での3rdRailの起動、やっとできました。
もうわけわからなくてCodeGear社のヘルプデスクにメールしたりしましたが、こちらの記事でいただいたコメントが決め手になりました。massangeanaさん、ありがとうございます。

起動した経緯は、まず、CodeGearのヘルプからいただいたメールを参考にして3rdRail.iniの設定値を修正しました。

===

-Xmx256m

===

512を半分の256にしたわけです。それから再起動してくださいと書かれていたので3rdRailを再起動したところ、以前と同じようにスプラッシュ表示後にプロセスが落ちます。

そこで、massangeanaさんのご指示にしたがって、Reset_3rdrail.batを起動しました。これは3rdRail初期起動時に割り当てられる情報を初期化するバッチのようです。バッチ終了後、3rdRailを起動すると、正常に起動しました。やっとWindows版の画面が見れました。

Ws000000

結局のところ、JVMのメモリ割り当てが原因の模様。
CodeGear社によると、「JavaVM が起動時に連続したメモリ領域を確保できないために

、Eclipseが起動できないことがあります。」
ということです。

詳しいことはわからないですが、JVMが断片的なメモリ領域を連続的に確保することが上手でないか、使用可能なメモリ領域が指定メモリ量に満たない場合に確保することができなくなる、といったことがあるということでしょうかね。
メモリいっぱい積んでメモリが連続的にたくさん空いていれば余裕で起動するよーということかな?一応1GB積んでるんですが、昨今は1GBなんて全然ダメなんですかね(^^;

Windowsでの起動がうまくいったのですっきりした気分ですが、一方でUbuntuのほうはさくさく動いています。もうUbuntuのほうに慣れちゃったので勉強はこっちのほうでやっていきます。

|

« 3rdRail + Ubuntu Model作成時にエラー | トップページ | 中国報道の捉えかた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/8482143

この記事へのトラックバック一覧です: 3rdRailがWindowsでやっと起動した:

« 3rdRail + Ubuntu Model作成時にエラー | トップページ | 中国報道の捉えかた »