« Googleガジェット - ユーロ円レート表示(EUR/JPY) | トップページ | 3rdRailの画面を見てみたい »

2007年9月22日 (土)

3rdRailをインストールしてみた

先日発売になった3rdRailですが、気になっていたので体験版をダウンロードしてインストールしてみました。

体験版はWindows、OSX、Linuxと提供されていますが、とりあえずWindows版をWindows XP SP2にインストールしてみます。

Ws000000

これがインストール画面。バリバリーな感じです。
スペック表を読んだ限りではRailsやMySQLなどのデータベースも同梱されたオールインワンみたいに感じていましたが、やっぱりIDEだけでなくRails、InterBase 2007、MySQLがインストールできるようです。
とりあえずは、3rdRailをインストールしました。インストール先はデフォルトのC:\3rdRailにしました。

すんなりインストールは終わって、さてショートカットから起動。
と、思ったら起動せずに以下のダイアログが出てしまいました。

Ws000002

一番上のメッセージは JVM terminated. Exit code=1 です。
以下流れてるパラメータはどっかで見たことあるなと思ったらeclipse.iniのパラメータみたいです。3rdRailはeclipseのカスタマイズなんでしょうか。

とりあえず、エラーは JVM terminated. Exit code=1 みたいなのでこれをなんとかしないといけません。Eclipse3ではじめるJavaプログラミング入門さんに掲載されている対策をやってみましたが症状は変わらず、以前から開発用にインストールしてあったJava SEもアンインストールしてみましたがダメでした。うーむ、何がいけないんでしょうかね。

もうちょっと粘ってみます。

|

« Googleガジェット - ユーロ円レート表示(EUR/JPY) | トップページ | 3rdRailの画面を見てみたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/8056665

この記事へのトラックバック一覧です: 3rdRailをインストールしてみた:

« Googleガジェット - ユーロ円レート表示(EUR/JPY) | トップページ | 3rdRailの画面を見てみたい »