« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

Google Xenベースの仮想サーバ管理ツール Ganeti ベータ リリース

Ganeti: Open source virtual server management software released

Google Codeブログからですが、Googleから仮想サーバーの管理ツール Ganeti の最初のベータ版がリリースされたようです。

Ganetiは、Xenをはじめとするオープンソースソフトウェアで構成された仮想サーバの管理ツールだそうで、仮想サーバのクラスタ管理を容易に提供するものとされています。

詳細はアーカイブ内のマニュアルにでも書いてあるんだと思いますが、まだダウンロードしていないのでわかりません。しかし、サーバー管理についてはGoogleは独特のノウハウを持っていそうな感じがするのでおもしろいツールなのかもしれないですね。

最近は仮想サーバ管理ソフトが多数リリースされていますが、この流れにGoogleも参戦なのでしょうか。これからの期待が大きな技術だけに今後の展開が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

スクラップ&ビルド

「メインフレームにこだわると,技術が伝承されなくなる」――JTBの野々垣氏が警鐘

なるほどこれは興味深い切り口だと思いました。
メインフレームを捨てたくてもフンギリのつかない企業がオープン化に踏み切るための口実は出揃ってしまっていてもう焚き付けられないんじゃないだろうかと思っていましたが、まだまだこれからなのかもしれません。逆にこのご時勢までメインフレームを使わざるを得なかった企業は相当覚悟してやらないといけないですよね。

「システムを再構築するプロジェクトを敢行しなければ、ベテランのノウハウは伝承されない。」ごもっともだと思います。特に近年のシステム構築は、ハード面でもソフト面でも分業化が著しく進んでおり、業務内で技術が伝承されることは少なくなってきたんじゃないでしょうか。そんな現状からも、システムの再構築を通じて技術を伝承するというプロセスは大事なのかもしれません。

業務において、人材の世代交代はゆるやかに連続的に行われるのでその中でスクラップ&ビルドされている事柄は把握しにくいんですよね。だから「キーマンがいなくなってもとりあえずなんとかなる」みたいな雰囲気が社内に根付いてしまうわけですが、本当はキーマンが辞めることによって、失われていっているものは数多くあります。後任ががんばってつじつま合わせをしたり、新しく作ったりしていっているからうまくいっているように見えるだけで、結果、業務自体も微妙に変化してしまうことがあります。

業務(≒ システム)をスクラップ&ビルドする目的は、記事にもあるように技術を伝承することもありますが、既存業務(≒ システム)をより良いものにするということもあると思います。一番最初にシステムを作った目的が「システム化による人件費の削減」であるならば、一定期間の運用後、システム導入によって変化した業務に対してさらに人件費を削減できるよう改良したり、システム導入後に新たに発生したリスクを解決する仕組みを追加したシステムを再リリースすべきでしょう。

その結果、「システム導入費 < 人件費」となれば初めてシステム化の利益が出るわけです。どっかのパッケージシステムを導入して業務の効率化をやった気になっているだけでは、利益は出てこないんですね。そういう場合は逆に人件費が多くなってしまっているケースもあります。

時代によって、人材が移り変わり、業務が移り変わる以上、付随するシステムも移り変わらざるを得ません。システム再構築というスクラップ&ビルドを有益に達成し、その効果を算出し発表できる企業は、今後企業価値を高めていくのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

HHKBシリーズ 販売累計20万台突破

HappyHackingKeyboardシリーズが販売累計20万台を突破したとのことで、現在記念キャンペーンが実施中です。

HHKBはLite2ですが、ウチのメインキーボードになっています。
一日中キーボードを触っている職業ですので、キーボードの使い心地はとても大事なのです。
で、いろいろなキーボードを使ってみましたが、やはりHHKBはいいですね。キーの固さとか傾斜の具合とか指が疲れないようによく計算されていると思います。

キーのレイアウトがやや特殊ですが、CTRLキーや日本語変換とかのよく使うキーは慣れると109とかの配列より便利な気がしてきます。まあ、慣れすぎても他のキーボードでミスタイプするようになるんですがw

キャンペーンではオリジナルTシャツの選考で、投票が多かったTシャツに応募した人から抽選でHHKB Pro2かLite2とTシャツが当たるとか。Pro2欲しいのでさっそく応募してみました。当たるといいなぁ。今までの人生でプレゼントに応募することなんてほとんどなかったんですが、この前当たったこともあってちょっと前向きですw

HHKBの発売元、PFUの製品は性能重視でとてもいいと思います。
こういう会社にMade in Japanをリードしていってもらいたいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

NetGenesis SuperOPT-GFiveを買ってみた

最近暑いですね。
ウチの部屋はどうも換気が悪くてすぐ室温が高くなります。
仕事をしているときでも、PCやサーバーがつぶれないか若干不安です。そんな季節になりました。

で、そのせいもあるのか最近ルーターがよく詰まるようになりました。まあかなり昔の安い家庭用ルーターで、最近サーバー類も増えてきたし仕方がないかなと思うわけですがこのままでは不便です。近々また開発機を追加する予定もあるのでここは思い切ってルーターを新しくしようと思いました。

で、選んだのがNetGenesis SuperOPT-GFive。超安定ルーターとして名高いNetGenesisシリーズのギガビットイーサー対応版です。前から欲しかったんですが昨日ヨドバシ梅田に行ったら置いてあったので衝動買いしてしまいました。

で、とりあえず設置した様子がこれ。
Cimg1010

ウチは部屋が狭いので 50×50×15 センチメートル(電話台の下)にネットワーク機器を全て押し込まないといけないのですがちゃんと収まってくれました。ぶらさがってるハブも全て1000BASEにしたのでLAN内は完全に1000BASE化しました。なんか気分がいいです。

とりあえず、前のルーターの設定をある程度移して必要なことはできるようにしましたが、細かい設定はまだこれからです。なんか会社の大規模なネットワークの入れ替え作業とは比べ物にならないですが、ルーター設定とかはやっぱり慎重な気持ちになりますね。設定間違いの調査とかけっこうしんどいですからね。

入れ替え後、今まで詰まってたようなパターンでは詰まらなくなりました。
さすがですね。ルーターの安定性というのはネット環境には地味に重要な要素だなと改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

Googleガジェット - ドル円表示アップデートしました

8月ですね。
7月中はまったくブログが書けませんでした。。。
いろいろとネタはあったんですが、おもに夜中飲み回ってたことが原因ですw

さて、久々のブログ更新ですが、ついでにドル円ガジェットも更新しました。
Screenshotlarge
米ドル-円 レート表示ガジェット(インストール)

Goolgeガジェットの習作で作ったわりには多くダウンロードしていただいているようで、あまり使えないものだといけないなと自覚したのと、Googleデスクトップのツールバーがいつの間にか黒基調になっていたので白いインターフェースはなんとなく違和感があるなということでアップデートしました。

そして、これもついでですが、レート表示のバリエーションを増やしました。
Screenshotlargejpyusd
円-米ドル レート表示ガジェット(インストール)

Screenshotlargephpjpy
フィリピンペソ-円 レート表示ガジェット(インストール)

Screenshotlargephpusd
フィリピンペソ-米ドル レート表示ガジェット(インストール)

フィリピンペソの2種類は、以前ブログにコメントいただいたので作成してみました。

ソースコードも以前はとりあえず、な感じでしたがある程度最適化してレート表示のバリエーションに対応しやすくしました。またコメントがあれば順次対応していきたいと思います。

このレート表示を全部表示してみたら「なんか世界情勢チェックしてる人」気分に少しなれるかもしれませんw

Img20070801

使っていただければ幸いです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »