« 玄箱 - MovableType4 Betaをインストールしてみる | トップページ | 感性の価値 »

2007年6月15日 (金)

実際に女の子に聞いてみた

プログラマーを目指す女の子はなぜ増えないか?

とても興味深い内容です。というかこの業界には深刻な悩みかもしれないですねw
増えない理由。いろいろ考えていくつか思いつく点もあるのですが、まあそれよりも当の女の子に聞いてみよう、と思い友達の子に聞いてみることにしました。

とはいえ、「プログラマーって何するひと~?」という感じでは話にならないのである程度業界のことをわかっている人であることが必要。そこで、WEB関係の会社に勤務している友達にメールしてみました。

すると、期待していたよりもかなり具体的なお返事をいただきました。
ブログの掲載許可をいただいたので、実際にもらった文章を追うかたちでこの問題を検証してみたいと思いますw

まず思ったのは子供の頃です。
女の子は小さい頃おままごとやお人形遊び、お化粧ごっことかで遊ぶじゃないですか。
男の子はロボットやラジコン。
そこで何となく機械っぽいのは男の子の遊ぶものと女の子は認識しますよね。
女の子の友達と遊ぶなら女の子が持ってる物で遊ばないと輪に入れないし。
よっぽど興味がある女の子以外はロボットやラジコンで遊んだりしません。
だから
「ロボットの構造はどうなってるのか?」とか「ラジコンの中身はどうなってるのか?」
なんて考えず大人になるのです。
だから機械とか理系っぽいものに興味ないからなんじゃないかなあと。
うまく説明できませんが。

なるほど。
確かにロボットで遊んだ女の子は少ないと思います。お人形は変形もしないし構造に興味を持っても仕方がない。お人形で遊べば、服やアクセサリー、ままごと等で料理などに興味を持つはず。技術系の仕事に就く要因は子供のときからの夢や興味だと思いますが、多くの女の子は工学的なことに興味を持つ機会は少ないですね。

あとはコレかな。
会社にシステム担当とかの人いるじゃないですか。
そこの人がスッチーや女子アナ級に美人だったりオシャレだったりすると世間にも「プログラマーとかシステム系のお仕事はイケてる人のする職業」っていう認識になっちゃうじゃないですか。
ところが現実は全くそうじゃないですよね。
オシャレにスーツを着こなしたイケメンがそこで登場したらおおっ!って思いますが、実際はそうじゃないですよね。
ちょっとオタクっぽい人がやってくるもんです。
すると「プログラマーやシステム系=オタク寄り」ってなるじゃないですか。
世間にもそういう認識がなっちゃうし、あえてそこに女の子が行くかって話になりますよね。よっぽど興味があるなら別ですが。

・・・。
要するにイケメンがいなさそうだと。。。
そりゃあそうだなあと思います。
「オレの彼女の友達が、アパレル企業の営業やっててサァ・・・」
みたいは話を聞くと、その彼女の友達って人はなんとなく美人じゃないかなあと思ってしまいます。見たこともないのに。
「オレの彼女の友達が、ソフトハウスでプログラマーやっててサァ・・・」
これはどうでしょうか。なんか美人とかよりもほかの事を想像します。
メガネかけてそうとか、リクルートスーツなんかな?私服OKだったらポロシャツっぽいとか。。。
どっちとコンパするか3秒以内にこたえよ!
と言われると、大半が前者と答えるような気がします。まあ結局そういう印象の業界なんですよね。そんなコンパに誘われなさそうなところに就職したくないですよね。

実際にイケメンはいないのか?と言われると、他の仕事に比べて少ないかどうかという点でいえばその限りではないと思います。というか、レベルの高いプログラマーほどオシャレでルックスも良かったりするもんです。
しかし、ルックスとは別の性格とかは、正直クセのある人が多いですよね。どっちかというと、それで女性に敬遠されがちなんじゃないかなと思ったりします。

あと、男として最低限の身だしなみがないとやっぱり敬遠されます。
ボクもネクタイ締めなかったり、無精ヒゲだったりしますがラフと汚いのボーダーラインは認識しているつもりです。誰も見ていないと思っていても、見苦しい格好はやはり迷惑なので最低限きちっとする心がけは必要かと思います。
これからの季節、汗臭い人はオーデコロン必須ですね。

最後にこれかな。
ネットが普及して、リクナビとかそういうサイトが増えたから「プログラマー」等のお仕事がどんな仕事か分かるようになりましたよね。
また、プログラマーの現実等もネットなんかでぐぐればすぐ分かりますよね。
もろ男性社会、肉体労働に近い程ハード、徹夜も当たり前、家にも帰れない(風呂にも入れない)
またこの業界は産休、育児休暇を導入してない会社も多い、もしくは実際には取れないなんて話をよく聞きます。
最近は結婚しても経済的にきついので女性も退職せず仕事を続ける人が多いです。
と、なると学生時代の就職活動の際に「結婚後も仕事を続けられる産休・育児休暇等の福利厚生がいい会社、仕事」を選びますよね。
女の子は少なくても男の子より将来の簡単な設計(これくらいで結婚、これくらいで出産)みたいなのを考えていると思います。
だからあえてそういう業界に行こうと思わないのではないでしょうか。
うまく説明できたかどうか分からないですけど、こんな感じですかね!

就業を考える上では、これが一番のポイントになりそうですね。
開発には「忙しい仕事」、「余裕のない仕事」という印象がつきまといます。
男性であれば、がむしゃらに働けばいいという気持ちですが、結婚・出産等で大きく生活や人生が変わるので仕事のことだけ考えていればいいわけではないです。
たとえプログラマーという仕事に興味があっても、興味のみで仕事に就けないというのもよくわかります。

ヤローの考えではなかなか思いつけない貴重なご意見を伺うことができました。(ゆかりさんありがとうございます。)こう聞いてみると女性プログラマーが増えないのは、技術云々よりも働く環境に問題がありそうですね。

プログラマーが働く環境は確かに女性の就業に不向きなのかもしれません。
では、女性のニーズにあった職場環境の構築はできないのか?
それに取り組んでいる企業は非常に少ないですが、この記事にあるように、サイボウズは福利厚生を手厚くすることで女性が残れる環境ひいては長期的な視点でのキャリアの育成に努めているようです。

開発業界の人材流動の激しさは、女性に人気がないというのと同じくらい深刻な問題だと思います。リリースされる製品の品質は、担当した開発者のキャリアに裏打ちされているということが多分にあるからです。

そのような意味でもサイボウズの試みは大きな意義があると思います。
結果は、だいぶ未来に出るかと思いますが、がんばって続けてほしいです。
あと、女の子のプログラマーも増やしてくださいw

|

« 玄箱 - MovableType4 Betaをインストールしてみる | トップページ | 感性の価値 »

コメント

お役に立ててよかったですw

http://woman.nikkei.co.jp/special/article.aspx?id=20070207f1000f1

最近大手の企業は女性が働きやすい環境になるようそこそこ頑張っているようです。
若い人材を必死で集めようとしている売り手市場の現状だと、大手に負けないぐらいの待遇でないとこういう業界にますます女性が集まらないんじゃないかなぁなんて。
そうなると企業としては「そこまでするのメンドクセ→男でヨクネ?」になっちゃうので、この先も中々こういう業界では女性は増えないのではないんじゃないのかなぁ。

話はちょっとずれますが、高校の時の会計の先生が(商業高校行ってたもんでw)授業でこんな事を言ってました。
「今後女性の労働力を重要視する企業が伸びていく。結婚し、出産後も働ける職場環境を作っていかないような企業は淘汰されるだろう」
当時は( ´_ゝ`)フーンぐらいで聞いていたのですが、今となってはなるほど~って感じです。
先生あんた偉いわ、と思いました(゜ 3 ゜)

なんにせよいろんな業種に女性が増えていくのは楽しいし、歓迎されてるっぽいのでいい事だと思いますょ。

投稿: ゆかり | 2007年6月16日 (土) 15時12分

ゆかりさん こんにちは。

掲載させていただきました。ありがとうございます。
まあ人類の半分は女性なわけですから、プログラマーだけ男に偏ってるのもおもしろくないですね。高校の先生がおっしゃっていたことも頷けます。これからは、女性を積極的に雇用して且つ長く働ける環境を構築できる企業が経営バランスがよく、人財やノウハウを蓄積していける力のある企業になっていくんじゃないかと思います。

いずれにしろ、今後もっとよくなっていけばいいですね。

投稿: rihi | 2007年6月18日 (月) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/6793823

この記事へのトラックバック一覧です: 実際に女の子に聞いてみた:

« 玄箱 - MovableType4 Betaをインストールしてみる | トップページ | 感性の価値 »