« Movable Type 4 Beta をさっそくつかってみる | トップページ | 実際に女の子に聞いてみた »

2007年6月 8日 (金)

玄箱 - MovableType4 Betaをインストールしてみる

前回はテキトーにインストールして評価してみたMovableType4Betaですが、ちゃんとインストール方法を書いておこうと思います。で最近玄箱ネタを書いてなかったし、せっかくなので玄箱Debian環境にインストールしてみることにしましょう。

玄箱Debianで自宅ブログサーバーも夢じゃない!なんて書いてみたいところですが、正直動作が遅いですwとりあえず記事の表示自体はhtmlなので軽いですが、管理画面の処理が遅いですね。まあハードのスペック的に仕方のないところですね。まああくまで実験用と割り切れる方か、「それでも玄箱で!」という強者は試してみてくださいw

まず、ApacheMySQL、Sendmailをインストールしておきましょう。
MySQLであらかじめCreate DetabaseしてMT4用のスキーマをつくっておきます。ここでは、スキーマ名を「mt」とします。

MovableType4Betaのアーカイブを展開してここではフォルダを「mt4b」とリネームしてFTPでapacheのドキュメントルートにアップロードします。

mt4b直下の*.cgiのファイルパーミッションを755に変更します。

以上が終わったら、http://my.domain.com/mt4b/mt-check.cgiにアクセスします。

mt-check.cgiはMT4がインストール可能な環境かどうかをチェックします。
ログの一番下段に「You're ready to go!」 と表示されていたらインストール可能です。
必須のモジュール等がインストールされていないようであれば表示に従って設定し、再度チェックしてみましょう。

Mt4kuro001

インストール可能であればhttp://my.domain.com/mt4b/にアクセスし、「Log in to Movable Type」ボタンをクリックします。

Mt4kuro002

インストールウィザードが表示されます。「Begin」をクリックします。

Mt4kuro003

「Continue」をクリックします。

Mt4kuro004

データベースの設定画面です。「MySQL Database」を選択します。

Mt4kuro005_1 

各データベース設定項目を入力します。「Database Name」は先ほど設定した「mt」にします。入力後、「Test Connection」をクリックします。

Mt4kuro006_1

接続テストが完了しますので、「Continue」をクリックします。
ここでエラーが表示された場合はもう一度データベース設定を見直してください。

Mt4kuro007

次はメールに関する設定です。
外部のSMTPサーバを使用するか、Sendmailを使用するかの選択ですが、ここではSendmailを選択してみます。「sendmail Path」には、sendmailのパス、「Mail address for test sending」にはテストメールを送信する宛先のメールアドレスを入力します。入力したら「Send Test Email」をクリックします。

Mt4kuro009

設定が正常であれば、送信が完了しますので「Continue」で次に進みます。
しばらくしてメールをチェックすると「Test email from Movable Type Configuration Wizard」というメールが届きます。

これでmt-config.cgiが自動生成されますが、ボクの環境ではコンフィグファイルが生成できない旨のメッセージが表示されました。ディレクトリに書き込み権限がないということみたいです。

Mt4kuro010

こういう場合は、「 I will create the mt-config.cgi file manually. 」のチェックボックスをクリックすると、コンフィグファイルの内容が表示されますので、コピーして「mt-config.cgi」という名前で保存してmt4b直下にアップロードしてください。

Mt4kuro011

上記を設定した後、http://my.domain.com/mt4b/ にアクセスすると、ユーザー登録画面が表示されるので、必要な情報を入力して「Finish Install」をクリックします。

Mt4kuro012

データベースの設定が行われます。完了したら「Login to Movable Type」をクリックします。

Mt4kuro013

管理画面が表示されます。これでインストールは完了です。

Mt4kuro014

環境上のエラーがなければ、インストールで迷うことはありませんね。
よくできていると思います。

初期でブログが既に一つ設定されているのでいきなり記事を書くこともできますね。とりあえずブログを始めるなら面倒がなくていいです。

しかし、最初に書いたように、玄箱ではかなり動作が遅いです。レンタルサーバー等では軽く動作するんですが、玄箱のパワーではMT4はキツいようですね。

それと、前回の最後のスクリーンショットではMT3のデフォルトテンプレートでの表示になっていますが、これはボクがMT3を4に上書きインストールしたからで、MT4のデフォルトテンプレートは違うデザインになっていました。ご了承ください。

とりあえず、玄箱にも入ったことだし、正式リリースまでのんびり評価してみようかと思います。

|

« Movable Type 4 Beta をさっそくつかってみる | トップページ | 実際に女の子に聞いてみた »

コメント

大好評の玄箱シリーズですね

投稿: いぬ | 2007年6月 9日 (土) 09時40分

いぬさん こんにちは。

ありがとうございます。まあ今回は単に玄箱に入れてみたってだけの話なんですけどねw
玄箱Proっていうのが発売されてるんですが、買えてません。
ほしいですねー。

投稿: rihi | 2007年6月12日 (火) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/6709432

この記事へのトラックバック一覧です: 玄箱 - MovableType4 Betaをインストールしてみる:

« Movable Type 4 Beta をさっそくつかってみる | トップページ | 実際に女の子に聞いてみた »