« Rails勉強会@関西 第8回に行ってきた | トップページ | MonaOS Schemeを搭載 »

2007年5月29日 (火)

MediaFireの新しい画面をつかってみる

しばらく用がなかったのでMefiaFireを使ってなかったんですが、画面の大幅な変更があったようです。以前書いたMediaFireをつかってみるにて、「新しい画面になって削除の方法がわからなくなりました。」とのコメントをいただきました(hiraさんコメントありがとうございます)。MediaFireのブログも最近ちゃんと読んでなかったです。進歩に追いついてませんね(^^;。

というわけで、久々にMediaFireを触ってみました。
たしかに画面が大きく変わっていて機能がいろいろ追加されています。なんかいわゆるWeb2.0チックですね。今風のWEBサイトって感じです。

では、さっそく削除のやり方、やってみましょう。
まず、削除したいファイルのチェックボックスにチェックをいれて選択します。
200705291

そして、左側の「Delete Selected Items」をクリックします。
200705292

「本当に削除しますか?」というメッセージが表示されますので、「OK」をクリックします。
200705293

これで、削除が完了します。

以前は1クリックで削除でしたが、ファイルを選択するというステップが増えています。これは、機能がたくさん追加されてメニュー化されたので仕方ないですね。

メニューを見ると、「フォルダを作成する」とか「タグをつける」、「アイテムを移動する」といった機能が追加されています。フォルダをつくったり、タグをつけたりしてファイルをより効率よく管理できるようになったようです。たくさんのファイルをアップロードして保存されているユーザーにはとても便利になったんじゃないでしょうか。ボクはよく取引先とデータをやりとりするので「Email Selected Items」が簡便になったのがちょっとうれしいです。

他にも、画像データをアップロードすると自動的にイメージビューアーに登録されるようになりました。
200705294

Picasaのようにフォトアルバムチックに使えるかもしれません。

以前と比べてがらっと画面が変わったので昔からのユーザーは戸惑うかもしれませんが、直感的な操作なのですぐに慣れると思います。

どうやら落ち着いてサービス面に力を入れ始めたMediaFire。
この調子だといろいろ仕様も変更されていく気がしますが、また容量制限だけはやってほしくないですねw

|

« Rails勉強会@関西 第8回に行ってきた | トップページ | MonaOS Schemeを搭載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/6590439

この記事へのトラックバック一覧です: MediaFireの新しい画面をつかってみる:

« Rails勉強会@関西 第8回に行ってきた | トップページ | MonaOS Schemeを搭載 »