« バイオライト ラクソを買ってみた | トップページ | おすすめのアンチウイルスソフトを考えてみる »

2007年3月 9日 (金)

ウイルス対策ソフトあれこれ

今日ふいに思い出しましたが、「ウイルス対策のソフトって何がいいんでしょう?」って質問をよく受けます。

なるほど、言われてみれば判断基準が難しいジャンルですね。ほとんどの人は家電量販店で平積みになってるやつを買ってらっしゃるか、PCにあらかじめインストールされていたものを更新しているかのどちらかでしょう。

質問をされる方の多くはウイルス対策ソフト、所謂「アンチウイルスソフト」はどれくらいの種類があるのをご存知かな?と思います。量販店に平積みされているものであればウイルスバスターノートンアンチウイルスマカフィー・インターネットセキュリティースイートといったところでしょうか。この辺はメーカーPCにプレインストールされているものですから知っている方も多いと思います。

しかし、世の中にはこれ以外にも数多くのアンチウイルスソフトが存在します。例えば最近日本でも販売を開始して話題になった実質世界最高のウイルス検出率を誇るカペルスキーインターネットセキュリティ、未知のウイルスを論理的に検証し検出する機能に優れたNOD32アンチウイルスのほか無料でも利用できるAVGアンチウイルスAvast!などは日本でも知っている人は使っているソフトです。

で、肝心の性能はどうなのかというと、はっきりいって上に書いた知名度の高いソフトよりも下のほうに書いた知名度の低いソフトたちのほうが検出率は高かったりします。世界的に有名なウイルスソフト評価VB 100 Awordを見てもそれは明らかですね。ウイルスバスターのトレンドマイクロなどはVB 100のテストにそれほど積極的に参加していないようですし、テストをクリアしていないこともけっこうあります。比べるとフリーで利用できるAvast!のAlwilのほうが高い精度でクリアしているようです。

実は世界的にみると、日本で誰でも知っているメーカーのアンチウイルスソフトはそれほど評価をされてはいません。ではなぜ日本で普及しているのかと言うと、よくは知りませんがたぶん販売戦略が成功しているんでしょう。ソフトの性能よりマーケティングなんですね。

ただ、使う側からするとアンチウイルスソフトはその性格上、使いやすいとかよりも性能で選びたいものです。とにかくウイルスの感染を食い止めてくれないと話にならないですからね。あと、ボク的に重要だと思っているのは「余計な機能がついていないこと」、「動作が軽いこと」。

さて、ではオススメのソフトはどれでしょうという話ですが、今日は長くなったのでここまでにして明日書こうと思います。

|

« バイオライト ラクソを買ってみた | トップページ | おすすめのアンチウイルスソフトを考えてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/5630993

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルス対策ソフトあれこれ:

« バイオライト ラクソを買ってみた | トップページ | おすすめのアンチウイルスソフトを考えてみる »