« アジアの技術者にRuby実習 | トップページ | Google Docsほか日本語化 »

2007年3月15日 (木)

身体を動かすのは好きなんですが

運動すると脳が育つ

運動したマウスの記憶を司る部位の脳細胞が増えることが確認されたそうです。
人間でも同様な効果が期待できるようです。

「成績優秀スポーツ万能」な出木杉くんタイプは必ずしも先天的才能だけではないのかもしれないですね。運動すれば記憶力がよくなるとすれば、スポーツと学力に相関関係が生まれるわけで、「文武両道」なんかも必ずしも敷居の高いものでないと言えるかもしれません。まあ論理的にですけどね。

ボクは少し武道などに興味があるんですが、昔の武芸者や拳法家には武術だけでなく学問に優れている人も少なくないです。宮本武蔵が一番有名ですね。記事の説から修行したから記憶野が増えて学問にも秀でることができた、なんて仮説を考えてみるのも面白いです。

考えてみれば、運動をしたからといって頭が悪くなるわけではないですよね。それどころか、スポーツの多くは判断力や分析力を求められるものが多いので、やってる最中はものすごく集中してものを考えます。そういう意味ではスポーツやってると脳はすごく鍛えられるんじゃないでしょうかね。あとは知識を習得する時間を割くことができれば、出木杉くんになることができるのかもしれません。

まあかく言うボクも最近は運動不足です。寒いのは苦手なので最近外に出ていません。
あったかくなったら運動したいです。

|

« アジアの技術者にRuby実習 | トップページ | Google Docsほか日本語化 »

コメント

でも頭叩き合う格闘技は長く続けるとアレになりますよね。

犬の経験上、空手を15年以上やってる人は
みんな長嶋茂雄みたいになってます。

投稿: いぬ | 2007年3月16日 (金) 21時24分

いぬさん こんにちは。

そういえば、ボクも剣道をやっていた時分に「1回頭打たれると脳細胞が10万個死ぬらしいで」などと言われました。10万個かどうかはわかりませんが、脳にダメージは蓄積するだろうから危ないですよね。
やるスポーツは選ばなければ。

投稿: rihi | 2007年3月17日 (土) 19時15分

あ!剣道もハードですよね。
小学生の頃やってましたけど、上級者になるほど本格度が増しますから。
犬の空手の師範は「パンパンで前蹴ってズバー!」みたいな説明しかできない人だったんですけど、剣道も長年続けるとそうなっちゃうんですかねぇ。

投稿: いぬ | 2007年3月18日 (日) 07時41分

スポーツ全般に言えることですが、理論よりも繰り返すことが大事だと思います。そういう意味では説明よりも練習ですよね。いぬさんのおっしゃるように理論的な先生も少ないですけどね。
まあ現代の日本武道は根性論が先行しますので、理屈じゃないっていう慣習だと思います。

投稿: rihi | 2007年3月19日 (月) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/5698458

この記事へのトラックバック一覧です: 身体を動かすのは好きなんですが:

« アジアの技術者にRuby実習 | トップページ | Google Docsほか日本語化 »