« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

ソフトウェア職人気質

いま出張で熊本に来ています。
芋焼酎はおいしいですが、けっこう酔っ払いますね。

ソフトウェア職人気質―人を育て、システム開発を成功へと導くための重要キーワード Book ソフトウェア職人気質―人を育て、システム開発を成功へと導くための重要キーワード

著者:ピート マクブリーン
販売元:ピアソンエデュケーション
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近、電車の中などでヒマをみつけては読んでいます。以前紹介した『ソフトウェア開発の名著を読む』でも紹介されている本です。

この本では、ソフトウェア工学に基づく開発アプローチは超大規模なシステム開発にしか適用できず、中小規模のソフトウェア開発においては工学的な手法より開発者の職人気質やそこから派生する組織の体制が生産性に直結するということが論じられています。

ソフトウェア開発というと、非常にロジカルでシステマチックな作業のように思えがちですが、実際の開発の現場は試行錯誤の連続で非常に混沌としています。考えてみれば、ソフトウェアはまったく同じものはこの世にひとつとしてなく、基本的にお客様の注文に応じたフルオーダーメイドです。さらに、他の企業がやってないような新しい機能を実装したいというような要望もよくあるので、それを作りこもうと思ったら試行錯誤は当然必要なわけです。机上できれいに設計図が書けて、そのとおりにプログラミングすればソフトウェアができあがる、というようなスマートな作業ではないわけですね。

で、現実そのような作業であるソフトウェア開発においては、ベルトコンベア式流れ作業では品質の高いものは生産できず、伝統工芸の職人的なこだわりや情熱のようなものが生産性を高めるのだと論じているところが興味深いです。

特に、ソフトウェア開発における教育については、教科書を捨てて徒弟制度を採用すべきだと書いてあるのが面白いです。いわゆる中世の鍛冶屋のように親方と弟子といった体制がソフトウェア開発技術の教育にはふさわしく、また親方と弟子が協業することによって弟子の生産力もソフトウェアの生産性に貢献すると言っています。これはたしかに一理ありますね。

ボクも若いころ大企業でソフトウェア開発の現場にいた頃は、先輩の書いたモジュールをメンテナンスしたり改良したりする作業でコードを覚えたものでした。そういう作業の中で、プログラム言語の参考書には載っていない、開発を迅速に完了するためのノウハウをたくさん得ていたのだと思います。いわゆるそれが、徒弟制度の技術伝承なのかもしれません。

ITProの記事をながめていたら、タイミングよく「日本のソフトウエア産業、衰退の真因」という記事がありました。この記事の著者も言葉は違えど『ソフトウェア職人気質』が指摘していることと同じようなことを言っているのだと思いました。日本でのソフトウェア開発事業は、ビジネス的には概ね成功しているかと思いますが、ソフトウェア開発という本質については見事に失敗しているとボクも思います。専門学校で教育を受けていても力のないプログラマは多いです実際。

ボク自身がプログラム言語の教育を受けた経験がないので教育自体がどんな内容なのかわかりませんが、現場で使えなければ技術を習得していると言えないのは事実。特にソフトウェア開発の業界では技術者は即戦力になることが求められるので、技術者の教育はそのようにあるべきでしょう。『ソフトウェア職人気質』はそのような技術者を生み出すには職人気質が重要であると述べています。

ボクは「職人」と言えるほどプログラムについてこだわりを持っているとは自分自身思っていないですが、責任を持ってリリースできないようなものを作ってはいません。とりあえず自分が作ったものを自信を持って提供する。これは最低限の常識ですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

Apple TV 販売開始

以前から話題になっていたApple TVが販売開始されたようです。
さて、今回もiPodのようなブレイクになるんでしょうか。

Apple TVはiTunesでダウンロードしたビデオ動画をテレビで見れるようにするもの。パソコンで動画をみるのではなく、テレビでみれるというのがポイントですね。いわゆるVOD(ビデオオンデマンド)のためのシステムです。テレビとApple TVとの接続はHDMIケーブルもしくは普通のコンポーネントケーブルで接続、パソコンとはLANもしくは無線LANで接続します。テレビの脇にApople TV、ちょっと離れたところにパソコン。といった感じになりそうですね。

Apple TVの販売で気づかされたことは、近年テレビの周辺機器が非常に多種多様になり様変わりもしてきたということ。例えばApple TVに似た機能の製品はすでにいくつもありますし、全てのテレビ番組を一週間分録画しておけるようなシステムなど、テレビを利用することに関する機器はたくさん出揃っています。

こういった中で、テレビの利用の仕方も徐々に変化しているような気がします。例えば、VODサーバーやApple TVのような機器があればレンタルビデオやDVDを借りに行くのではなく、その場でダウンロードして視聴するようになるし、レンタルビデオ店で古い映画がどこの棚にあるのかと歩き回る時間もなくなります。

また、HDレコーダーやホームビデオサーバーがあればテレビ番組のために早く家に帰らないと!みたいなこともなくなります。「金曜ロードショー」は金曜にみなくてもハードディスクにためておいて一か月分一気にみる。みたいなことも簡単にできるようになりますね。

今までは生活のリズムの中に定期的あるいはランダムに割り込んでいたテレビが、録画やオンデマンドの効率化で、生活の違う位置にポジショニングしそうな気がします。そうなると、ユーザーのテレビに対する意識はちょっと違ったものになるように思えます。

まあ、そうはいってもサッカーワールドカップとか阪神戦みたいなその時に見ないと意味のないコンテンツは今までどおりかもしれませんが。まあ、こんな観点からもApple TVの売れ行きは気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

Google - PicasaのAPIが公開

GData for Picasa Web Albums

GoolgeアプリのWEBアルバムPicasaのAPIが公開されました。
Picasaにアップした写真をブログで公開したり、スライドショーブログパーツなどが作成できるかもしれないですね。GDataのAPIはGoogle CalendarやSpreadsheetでも公開されているようですし、マッシュアップを考えてる人にはいい知らせなんじゃないでしょうか。OverViewは下記のリンクになります。

Picasa Web Albums Data API Overview

WEB APIの公開はGoogleなどの先進企業が積極的に進めていますが、もっともっと進んで欲しいですね。マッシュアップツールを作成する上でも資源データ(=APIで取得できるリソース)が豊富であるほど有用なものができるはずです。現在は株価や商品のフィードは取得可能ですが、例えば、天気、気温などといった基礎データもとても大事だと思います。そういうのが通常利用できるようになって、はじめてマッシュアップがブレイクするような気がしますね。

Picasa APIは写真データがひっぱってこれるという特性上、なんだか面白いツールがでてきそうで楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

ハイブリッド携帯!?

昨日書いたInterfaceを読んでいたら、ソフィアシステムズの広告が目にとまりました。
ハイブリッド携帯開発のためのコンセプトモデルを販売しているとのことですが、「ハイブリッド携帯ってなんだろ?」と思いました。

ハイブリッド携帯を調べてみると、以前ドッチーモH"(エッジ) なんかがそう呼ばれていたらしいです。携帯とPHSどっちも使えるからハイブリッドだとかそういう意味みたいですね。

しかし、ソフィアシステムズのそれは、WiFiとPHSのハイブリッドをイメージしているようです。つまり、無線LANのエリア内ではIP電話となり、無線LANエリア外だとPHSで通話できるというもの。こんなのあったら便利ですよね。ぜひ実現してほしいものです。

もっと言ったら同じ電話番号でIP電話と携帯電話通信を自動的に切替えてほしいです。で、無線LANエリア内では通話料が無料とか実現したら携帯事業に革命が起きると思います。最近ホワイトプランのCMで落ち着いたようにみえるSOFTBANKとかにやってもらいたいですね。

そんなハイブリッド携帯が出回るようになる時代に、ようやく広域無線LANなんかがブレイクするんでしょう。日本に進出してからこっちあまり動きをみせていないFONのようなサービスもそうなってから普及が進みそうです。携帯キャリアにとってはそういう流れは歓迎できないのかもしれませんが、一方で考えているはず。そして、いつかどっかがサービスを始めるような気がします。

そんな未来のハイブリッド携帯の姿はユーザーにとってはウレシイと思うんですがいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

Interface 2007年4月号

今月のInterfaceでは玄箱が主なネタになっています。

Interface (インターフェース) 2007年 04月号 [雑誌] Book Interface (インターフェース) 2007年 04月号 [雑誌]

販売元:CQ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙のデザインもそれっぽいですね。
とりあえず買ってざっと読みましたが、組み込み系の環境を玄箱を使って学習しようというコンセプトのようです。なるほど、玄箱はディスプレイやキーボードといった入力機器を通常はつなげることがない端末ですから、組み込み系の開発のイメージに近いですね。

WindowsでCygwinを使ったクロスコンパイル環境の構築は参考になりました。ボクは気が長いのでもっぱらセルフコンパイルですが、クロス環境の実験もやってみたくなりました。
それと、Transcodeを玄箱に入れてビデオサーバーにするという記事も興味深いです。最終的には玄箱内のビデオファイルをテレビで出力する方法まで紹介されているのでちょっと一回やってみたくなりました。

記事の中では玄箱の開け方からハードディスクの設置、初期設定の仕方が写真付きで詳しく説明されています。ボクも以前「とりあえず組み立ててみる」というのを書きましたが、玄箱本体には簡単な説明書しか入ってない上、組み立てにはちょっとしたコツがいるのでこういう記事はありがたいと思います。玄箱の組み立てに困っている方はとりあえず買っておくのもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

Google Docsほか日本語化

Google Docsなどがいつのまにか日本語化されてます。今気付きました。
Googleアプリ企業向けが発表されてから真っ先にやらないといけない対応だと思ってましたが、早速対応されましたね。
英語表記のときから使っていると、いきなり日本語になって少し違和感がありますが、そのうちなれるでしょう。ていうか、日本語になって便利になったと感じませんね。英語のときから使用感は変わった感じがないということは、それだけインターフェースが直感的だったってことなんでしょうか。こういうアプリケーションづくりは見習いたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

身体を動かすのは好きなんですが

運動すると脳が育つ

運動したマウスの記憶を司る部位の脳細胞が増えることが確認されたそうです。
人間でも同様な効果が期待できるようです。

「成績優秀スポーツ万能」な出木杉くんタイプは必ずしも先天的才能だけではないのかもしれないですね。運動すれば記憶力がよくなるとすれば、スポーツと学力に相関関係が生まれるわけで、「文武両道」なんかも必ずしも敷居の高いものでないと言えるかもしれません。まあ論理的にですけどね。

ボクは少し武道などに興味があるんですが、昔の武芸者や拳法家には武術だけでなく学問に優れている人も少なくないです。宮本武蔵が一番有名ですね。記事の説から修行したから記憶野が増えて学問にも秀でることができた、なんて仮説を考えてみるのも面白いです。

考えてみれば、運動をしたからといって頭が悪くなるわけではないですよね。それどころか、スポーツの多くは判断力や分析力を求められるものが多いので、やってる最中はものすごく集中してものを考えます。そういう意味ではスポーツやってると脳はすごく鍛えられるんじゃないでしょうかね。あとは知識を習得する時間を割くことができれば、出木杉くんになることができるのかもしれません。

まあかく言うボクも最近は運動不足です。寒いのは苦手なので最近外に出ていません。
あったかくなったら運動したいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

アジアの技術者にRuby実習

アジアの技術者にRuby実習,経産省の委託事業で

アジアOSS基盤整備事業というのがあるとは、初めて知りました。
経産省の事業の一環のようですね。日本として海外に向けての技術アピールは大事だと思います。特にインド、タイ、ベトナムなんかは現在のオフショア開発の拠点なので、そういう国々との技術共有は大事だと思います。

今回、Rubyの実習だったというのはいいですね。前回まではPHPだったらしいですが、やっぱり日本発の言語ということでRubyをトレーニングする意味は大きいと思います。というか文科省あたりも国内に向けてRubyのトレーニングとか専門学校での授業とかに積極的に取り入れる指導とかやったらいいんじゃないでしょうかね。

ボクもRubyについてはハンパな知識しかなかったので、本を買って修行中です。今年の言語はRubyですね。ボクの実家の近くでも盛り上げる動きがあるみたいですし、国内外でもっと盛んになるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

PC事業 時代の流れ

日立、ビジネスPC「FLORA」の製造を中止~HP製PCをFLORAブランドで展開

日立もPCやめちゃう方向ですか。時代を感じますね。
ボク的にこれ系のニュースで一番ショックだったのはIBMのPC事業売却でした。これを見たとき、「ああ、これから大手メーカーのPCブランドはなくなっていくんだろうなあ。」と思いましたが日本でもその流れが出てきそうですね。こういう流れについての評価は様々だと思いますが、やっぱり「時代だねえ」としか言えないんじゃないでしょうか。

これについてネタはないです。感想として世界のPC事業はHP他数社の大手が牛耳ることになるんじゃないかと思いました。で、画一的な性能のPCを安価に大量製造していくんじゃないかと思います。そういう意味ではPCの低価格化はさらに進みそうです。

その一方で工人舎のようなメーカーが付加価値の高いPCを製造してニッチなユーザーニーズに応えると。そういう市場の二極化がよりはっきりしてきそうです。
そんな感じに落ち着くと思うんですが、どうでしょうかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

おすすめのアンチウイルスソフトを考えてみる

さて、昨日の続きですがアンチウイルスソフトはやっぱり「検出率の高さ」と「動作の軽さ」が大事だと思います。前者はアンチウイルスソフトの使命ですから当然として、後者はデスクトップに常駐するソフトなので普段の作業の妨げになるくらい重かったらしんどいです。あと、「無駄な機能がついていない」というのも評価の対象。個人情報保護とかファイアーウォールとかは入れたかったら他で検討します。アンチウイルスソフトはおかしな動作などせずウイルス検出・駆除に専念してくれ!と思います。

で、総合的に判断した結果、NOD32アンチウイルスが今のおすすめソフトです。
NOD32は、数あるソフトの中で動作の軽さと未知のウイルス検出機能(ヒューリスティックスキャン)がウリのソフトなんですが、最も大事な検出率も非常に高く評価されています。日本ではキャノンシステムソリューションズから販売されていますが価格も安い!特に次年度以降の更新が2,500円というのはユーザーフレンドリーだと思います。ボクは自宅のPCでNOD32を使っていますし、以前勤めていた会社の百数十台のPCにNOD32を導入したことがあります。

会社に導入したときにはウイルスバスターの見積もりの半分程度の価格で導入できてコスト削減できました。その時のキャノンシステムの営業さんのあまりの商売っ気のなさに「もっと積極的に売ってくださいよw」と言って苦笑いされましたが、ほんとにもっと営業かければ売れると思います。

前回も書きましたがカペルスキーが最近日本で営業を開始するなどアンチウイルスベンダーの動きが新しい展開をみせています。こういった背景にはPCのユーザーが認識する専門知識のレベルが上がり、より性能のよいアンチウイルスソフトの需要が高まってきていることがあるように思えます。なんでもかんでもオールインワンでって時代は終わったわけですね。

そういった中に「おすすめのウイルス対策ソフトって何ですか?」って質問もあるんですね。こういう認識が高まるのは歓迎すべきことですのでちょっとブログにも書いてみようって気になりました。

そういえばNOD32は最近のアップデートで「潜在的に不要なアプリケーションの検出機能」が実装されたようです。説明を読んでみると、スパイウェアやルートキットといった所謂マルウェアの検出を目的としているようです。こういう機能が実装されるにつけセキュリティ技術の時代の流れを感じますね。

ともかくNOD32をはじめ各アンチウイルスソフトの更なる進化を願うのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

ウイルス対策ソフトあれこれ

今日ふいに思い出しましたが、「ウイルス対策のソフトって何がいいんでしょう?」って質問をよく受けます。

なるほど、言われてみれば判断基準が難しいジャンルですね。ほとんどの人は家電量販店で平積みになってるやつを買ってらっしゃるか、PCにあらかじめインストールされていたものを更新しているかのどちらかでしょう。

質問をされる方の多くはウイルス対策ソフト、所謂「アンチウイルスソフト」はどれくらいの種類があるのをご存知かな?と思います。量販店に平積みされているものであればウイルスバスターノートンアンチウイルスマカフィー・インターネットセキュリティースイートといったところでしょうか。この辺はメーカーPCにプレインストールされているものですから知っている方も多いと思います。

しかし、世の中にはこれ以外にも数多くのアンチウイルスソフトが存在します。例えば最近日本でも販売を開始して話題になった実質世界最高のウイルス検出率を誇るカペルスキーインターネットセキュリティ、未知のウイルスを論理的に検証し検出する機能に優れたNOD32アンチウイルスのほか無料でも利用できるAVGアンチウイルスAvast!などは日本でも知っている人は使っているソフトです。

で、肝心の性能はどうなのかというと、はっきりいって上に書いた知名度の高いソフトよりも下のほうに書いた知名度の低いソフトたちのほうが検出率は高かったりします。世界的に有名なウイルスソフト評価VB 100 Awordを見てもそれは明らかですね。ウイルスバスターのトレンドマイクロなどはVB 100のテストにそれほど積極的に参加していないようですし、テストをクリアしていないこともけっこうあります。比べるとフリーで利用できるAvast!のAlwilのほうが高い精度でクリアしているようです。

実は世界的にみると、日本で誰でも知っているメーカーのアンチウイルスソフトはそれほど評価をされてはいません。ではなぜ日本で普及しているのかと言うと、よくは知りませんがたぶん販売戦略が成功しているんでしょう。ソフトの性能よりマーケティングなんですね。

ただ、使う側からするとアンチウイルスソフトはその性格上、使いやすいとかよりも性能で選びたいものです。とにかくウイルスの感染を食い止めてくれないと話にならないですからね。あと、ボク的に重要だと思っているのは「余計な機能がついていないこと」、「動作が軽いこと」。

さて、ではオススメのソフトはどれでしょうという話ですが、今日は長くなったのでここまでにして明日書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

バイオライト ラクソを買ってみた

BIOLITEヤマギワ林原生物化学研究所の共同開発で光のチラツキを解消して目にやさしい照明です。

ボクはインテリアデザインが大好きで、買い物もないのによくヤマギワ心斎橋店に行きます。そして高くて買えないオフィス家具やオーディオをみて「こんな事務所がほしいなあ」と妄想して過ごします。そんな姿が哀れなのかお店の人がカレンダーとかくれたりしてちょっとうれしいです。

しかし、今年はその流れを打開したいと考えているわけです。今年の目標はズバリ「快適な仕事環境をつくる」コレです!

ピープルウェアにも書かれていますが、快適な職場環境では生産性も向上します。特に長時間パソコンに向かって集中するような仕事ではデスク周りが快適でなければ話にならないわけです。移り気で集中力に乏しいボクにはなおさらですね。そこで今年のお題はとにもかくにもデスク周りの環境整備、特に「明るい照明」と「すわり心地のいい椅子」を目標にすることにしました。

最初は、椅子のほうを目標にしていたんですがね、最近なんだか視力が低下している気がしてまして、夕方くらいになると風景がにじんだ感じがします。これはヤバイと思って急遽照明の購入に変更。前から目をつけていたBIOLITEをヤマギワのお姉さんに頼みに行きました。

購入したのはBIOLITE LUXO(バイオライト ラクソ)。アームライトで可動が自在なのでパソコンに向けたり本を読んだり引き出しをあさったりいろいろ便利です。とりあえず届いたばかりのラクソをデスクに設置したらこんな感じになりました。

Cimg0938

デスクの周りが見違えるほど明るくなりました。強弱の明るさモードがあって写真は弱ですが強にするとまるで太陽のようです。通常のライトスタンドの約2倍の明るさだとか。とりあえず弱で十分ですが、強で本を読んでみると字が浮き上がっているのかと思うほど鮮明に見えます。はっきり見えるのでスラスラ読めて気分がいいですね。買ってよかったです。

ひとつだけ気になったのは、ライトがけっこう熱を放射していることです。今この記事を書いている間もライトをつけているんですが、頭とライトヘッドが30センチ程度離れているのに気持ち熱を感じるんですね。今の季節はこれがうれしい感じですが夏になるとちょっと気になるかもしれません。たいしたことはないと思いますが。

これでひとつ仕事場を快適にすることができました。加えて万年ひやかしだったヤマギワ心斎橋店でも念願の買い物ができました!この勢いにのって次は椅子を達成したいと思います。がんばって仕事をせねば!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

たのしいRuby

たのしいRuby 第2版 Rubyではじめる気軽なプログラミング Book たのしいRuby 第2版 Rubyではじめる気軽なプログラミング

著者:高橋 征義,後藤 裕蔵
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Rubyの教科書というだけでなく、プログラミング言語の教科書という意味でも非常に完成度が高いです。とりあえずRubyを使うのに逆引き辞典的なものがほしいなあと思って購入したんですが、ちょっと読んでみて教則本としての完成度の高さに驚いたので最初からじっくり読んでしまいました。

プログラミング言語の教科書というのは、初心者にとって敷居が高いものばかりです。
なぜなら、プログラミング言語の教科書の多くはそのプログラミング言語の仕様や特長を中心に解説しているものがほとんどで、プログラミング言語に共通の考え方や技術などは、それを知っているのを前提として書かれているからです。

ですから、プログラミングの知識のない初心者が教科書を手にしてもいきなりプログラムのソースコードを読まされたり、解説に専門用語を山のように使われたりして、辟易することが常ですね。「このJavaのソースコードをC言語のコードに置き換えると・・・」なんて説明されても、C言語知らない人にはちんぷんかんぷんですよね。

『たのしいRuby』は、自称エクストリームライティングという手法で書かれたそうです。
エクストリームプログラミングの手法を取り入れたというわけでしょうか。それゆえか、Rubyの特長をわかりやすく紹介しているだけでなく、説明の中で登場する専門用語やプログラミング技術についても面倒がらず丁寧に解説されています。文章もなるべく簡単な表現を心がけている工夫があり、すんなりと頭に入ってくる感じです。

この本はプログラミングをこれから習得したい人に読んでほしいなと思いました。
Rubyはオブジェクト指向でスマートな記述でパワフルな言語であるということももちろんですが、この本ではイチからプログラミング言語についての正しい知識を身につけられると思うのでRubyを習得したあとに他の言語を習得するときにも助けになると思うからです。

プログラミング言語というのは非常にたくさん種類がありますが、各言語はプログラミング言語として共通の仕様を持っていることが多く、その共通部分についてしっかりとした知識を持っていれば、どんなプログラミング言語も「方言」程度に感じるようになります。そういうレベルになれば、新しい言語も仕様書とサンプルコードがあれば短期間に習得できるようになります。

しかし、そのレベルに到達するには散逸的な資料で知識を得たり経験と勘が多く必要となるのが通常です。こういうことについてまとまった文献は非常に少ないですね。

そういった中で、『たのしいRuby』の初心者を理解したアプローチは斬新でまさに「たのしくプログラミングが学べる」気持ちを読者に与える内容だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »