« イー・モバイルのデータ定額制はいいかも | トップページ | MediaFireにアカウント管理が追加された »

2007年2月26日 (月)

グーグル - Google アプリ 企業向けを開始

「Google Apps」有料版、日本では1アカウント年額6,300円

グーグルが、Google Apps Premier Editionという企業内情報管理サービスを開始しているようです。これは以前、Google Apps for Your Domainと呼ばれていたサービスですね。以前はベータ版だったので名前を変えて有償化したんでしょうか。

利用料は1アカウント年額6,300円。Gmail、Docs&Spreadsheets、Googleトーク、Googleカレンダー、PageCreator(WEBサイト作成・公開ツール)、スタートページ(ブラウザ起動時のホームページのカスタマイズ)が利用できるようです。

また、使用状況や各ツールの設定をコントロールする管理コンソールも利用できるそうです。ここらへんが企業向けなポイントっぽいですね。あとは拡張用のAPIも利用できるようになるみたいなので、企業向けのマッシュアップツールの開発なども期待できそうです。

ボクも最近GmailやDocs&Spreadsheetsを使ってお客さんとやりとりをすることが増えてきました。仕様書や議事録なんかをDocsで作って共有したりカレンダーでスケジュールを共有したり。とても便利です。相手のGmailアドレスさえ教えてもらえたら無料でも非常に便利な使い方ができます。

このGoogle Appsを導入すれば、社内メールやドキュメント共有、メッセンジャー、スケジュール管理、社内WEBページなどといったことが簡単に実現可能かもしれません。いずれも今日の企業には必要なものですね。こういったことをするためには、社内ネットワークを整備したり、サーバーを導入したりとコストも労力も必要ですが、そういった事を最小限に抑えられるサービスかもしれません。現在そういうことが整備できていない企業さんは検討してみるといいかも。

グーグル日本法人でも23日からサービスを開始しているようですが、現在でもDocs&Spreadsheets、Googleカレンダー、PageCreatorは英語のようです。日本企業に導入を促すのであれば早急な日本語化が必要ですね。完全に日本語化されてサポート面が充実したら日本でも普及の可能性があると思います。

Google Appsの可能性は完全にWEBベースであるということから、企業内の情報管理だけでなく、企業間の情報共有にも威力を発揮する可能性が高いです。例えば、複数の企業で立ち上げたプロジェクトの情報共有、国籍をまたがって拠点を置く企業の情報管理など考えればまだまだ有効活用の幅が広がると思います。今後どうなるか楽しみですね。

|

« イー・モバイルのデータ定額制はいいかも | トップページ | MediaFireにアカウント管理が追加された »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/5484190

この記事へのトラックバック一覧です: グーグル - Google アプリ 企業向けを開始:

« イー・モバイルのデータ定額制はいいかも | トップページ | MediaFireにアカウント管理が追加された »