« ソフトウェア開発の名著を読む | トップページ | MediaFireをつかってみる »

2007年1月 9日 (火)

FireFox - Gspaceをつかってみる

FireFoxも2がリリースされてしばらく経ちます。リリース当初から使っていますが、なんとなく地味に使い勝手がよくなったような感覚があります。なんかいい意味で枯れてきたというか洗練されたというか。なじむ感覚が出てきましたね。たぶんボク自信も使い慣れた感があるからでしょうけど。

さて、FireFoxにはさまざまな拡張機能があります。拡張機能をインストールすることで、FireFoxでのブラウジングを便利にしたり、WEBサイトを閲覧する以外の用途に使用することもできたりします。

その便利な拡張機能にGMail File Space(Gspace)というのがあります。
Gspaceは、GMailアカウントの領域をデータ保存領域として使用できるプラグインです。Gspaceを使えばGMailアカウントの2GBの領域を、ネットワークディスクのように使えるので、パートナーとのファイル共有や出張先でよく使うファイルの保存など、いろいろな用途に使えると思います。ファイルのアップロードやダウンロードもFTPクライアントライクですので、直感的に行えます。

ただ、1データ10MBまでという制限がありますのでアプリケーションなどのアーカイブには向きませんが、ドキュメントや画像、プレゼンテーションファイルなどを保存して、出先で使用するといった用途には十分に対応すると思います。

では、ちょっとインストールして使ってみましょう。
Gspaceを使うためにはFireFoxとGMailアカウントが必要です。これらを事前に用意しておきましょう。

まず、http://www.getgspace.com/index.htmlにアクセスして、Gspaceをダウンロードします。ここではWindows版をダウンロードします。
Aws000000_1

DOWNLOADボタンをクリックすると、セキュリティ上ダウンロードがブロックされることがあります。その際には「設定の変更」ボタンをクリックします。
Aws000001_1

サイトのアドレスを入力して、「許可」をクリックします。これでダウンロードができるようになります。
Aws000002

再びDOWNLOADボタンをクリックすると、インストールダイアログが表示されるので、「今すぐインストール」をクリックします。
Aws000003

Gspaceがダウンロードされ、インストールが完了すると、FireFoxの再起動を促す画面が表示されますので、「Firefox を再起動」ボタンをクリックします。
Aws000004

FireFoxが再起動したら、メニューバーの「ツール」から「アドオン」をクリックします。
Aws000005

アドオンダイアログ中のGspaceの「設定」をクリックします。
Aws000006

ここでGspaceを好みに応じて設定できます。
いろいろな設定がありますが、とりあえずデフォルトでいいようですので、そのままOKをクリックします。
Aws000007

メニューバーの「ツール」から「Gspace」をクリックします。
Aws000008

Welcomeなダイアログが表示されるので、OKをクリックします。
Aws000009

Gspaceのインターフェースが表示されますが、ポップアップブロックの警告が表示される場合があります。
Aws000010

ポップアップがブロックされた場合は、「設定」ボタンでgspaceによるポップアップを許可します。
Aws000011

GMailアカウントにログインします。
Gspace画面右上の「Manage Accounts」ボタンをクリックします。
Aws000012_1

アカウントマネージャダイアログにGMailアカウント(GMailのメールアドレス)、パスワードを入力し、「Add」ボタンをクリックします。User Email欄にアカウントが追加されるので、「閉じる」ボタンをクリックします。
Aws000013_1

「Manage Accounts」ボタン右側のリストボックスから、GMailアカウントを選択し右の「Login」ボタンをクリックすると、GMailアカウントにログインします。
画面中央部分の左側がローカルディレクトリ(PC内のデータ)、右側がGMail領域(GMail内に保存されたデータ)が表示されます。
Aws000014

ためしに、C:\User\Test内の画像データをひとつ、GMail領域にアップロードしてみます。
左側のローカル画面から対象のファイルを選択し、真ん中にある「→」のボタンをクリックします。
Aws000015

アップロードが完了すると、右側のGMail領域にデータがコピーされます。
反対にGMailからローカルにデータをダウンロードする場合は、GMail領域から対象データを選択し、真ん中の「←」ボタンをクリックします。とてもお手軽ですね。

ちなみに、GMail内でデータがどう保存されているか確認をしてみました。
WEBブラウザでGMailにログインしてみると、受信トレイにアップロードしたデータが添付されたメールが受信されています。件名が「GSPACE|(データ名)...」となっているので、「GSPACE|...」みたいな書式のメールがGspaceのデータと認識されるみたいです。
Aws000016

複数の人でドキュメントを管理するにはGoogleDocs&SpreadSheetが便利だと思いますが、データ共有用のGMailアカウントを作ってドキュメントに貼り付けられないデータをGspaceで共有したりするのも便利かもしれません。あと、ライター業界でよくある「写真今から宅ファイル便で送ります!」の代用にも使えるかも。便利な使い方があったらぜひ教えてください。

|

« ソフトウェア開発の名著を読む | トップページ | MediaFireをつかってみる »

コメント

火狐ユーザーとしてコレは面白く読めました。
こんど手取り足取り教えてください。

体調悪くしちゃって酒は飲めなくなったんですけど、おいしいランチをおごります

投稿: 犬爆雷 | 2007年1月10日 (水) 06時52分

犬爆雷さん、こんにちは。

これはなかなか便利ですよ。今度お邪魔したときにインストールしてみましょうか。
他にもネットワーク上でファイルを共有する方法はいくつかあるので、また記事にしたいと思います。

いつもおごってもらってすみません。
遠慮なくごちそうになりますw

投稿: rihi | 2007年1月11日 (木) 01時00分

読ませて&テストさせてもらいました。
◇転送できるファイルの上限が14Mなんですかね?
◇MailDiskの英語版っていう感じですかね?
また。

投稿: tti | 2007年1月12日 (金) 13時39分

ttiさんこんにちは。
GSpaceの設定をみるかぎりでは1ファイル14MBまでのようですね。GMailのアタッチファイルの上限だと思います。
発想はMailDiskと同じですね。細かい特徴によって使い分けたらいいかもしれません。

投稿: rihi | 2007年1月18日 (木) 00時59分

画像付きの説明でとてもよく理解できました。

投稿: | 2009年11月25日 (水) 11時09分

こんにちは。
ありがとうございます。お役に立ててなによりです^^

投稿: rihi | 2009年11月25日 (水) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/4858679

この記事へのトラックバック一覧です: FireFox - Gspaceをつかってみる:

» Google:Gmailをストレージとして使用するFirefox拡張「Gspace」 [creazy photograph]
Gmail は 無料で 2GB 以上のスペースを利用できる便利なWEBメールサー... [続きを読む]

受信: 2007年5月 2日 (水) 00時58分

« ソフトウェア開発の名著を読む | トップページ | MediaFireをつかってみる »