« Rails Platform発表 | トップページ | JavaがGPLv2オープンソース化 »

2006年11月14日 (火)

RadRailsをインストールしてみる

では、RadRailsをインストールしましょう。
前回の記事にもありますがRadRailsはRuby on RailsのIDEです。

Ws000000_1

インストール環境は次のとおりです。

環境:
WindowsXP Pro SP2
MySQL4.1.20
ActiveScriptRyby 1.8
Rails 1.1.6
Mongrel 0.3.13.3-mswin32

事前にWindows上にRuby on Railsがインストールされている必要があります。
Ruby on Railsのインストールについては、まとまったドキュメントが方々にありますので、ここでは省略します。

http://prdownloads.sourceforge.net/radrails/radrails-0.7.1-win32.zip?download
より、RadRailsの最新版をダウンロードします。現行バージョンは0.7.1です。

ファイルを展開してできたRadRailsフォルダを適当なディレクトリに移します。

RadRailsフォルダ内のradrails.exeをダブルクリックして起動します。

Ws000001

起動するとワークスペースを指定する画面が出てきます。
ここでは、C:\work\railsapp としておきます。
この画面は起動するたびに出てくるので、今後表示させたくないときは Use this as the default and do not ask againにチェックを入れておきましょう。

Ws000002

OKボタンをクリックすると、RadRailsが起動します。

Ws000003

次に、Railsパスなどの設定を行います。
[Window] → [Preferences] を選択して、Preferencesウィンドウを開きます。

Ws000004

Rails → Configuration を選択して、各パスの設定を行います。
ActiveScriptRuby1.8の場合、設定は以下のようになります。

===
Rails path:  C:\ruby\bin\rails
Rake  path:  C:\ruby\bin\rake
Mongrel path: C:\ruby\bin\mongrel_rails
===

Ws000005

Mongrelをインストールしていない場合は、コマンドプロンプトから

---
> gem install Mongrel
---

として、Mongrel 0.3.13.3-mswin32 をインストールしてください。

次に、ドキュメント関係の設定を行います。
Ruby → Ri/rdoc を選択して、以下のようにパスを設定します。

===
RDoc path:  C:\ruby\bin\rdoc
Ri path:    C:\ruby\bin\ri
===

Ws000006

入力できたら、OKボタンをクリックしてPreferencesウィンドウを閉じます。

さて、とりあえずこれで動くようになっていると思います。
試しにプロジェクトを作成してみましょう。

プロジェクトを作成するには、[File] → [New] を選択します。

Ws000007

プロジェクト作成画面でRails → Rails Project を選択してNextをクリックします。

Ws000008

Project name に新しいプロジェクト名を入力します。ここでは TestProject としておきましょう。入力して Finish をクリックします。

Ws000009

これでRailsプロジェクトが生成されます。

Ws000010

なかなかよさそうですね。今までコマンドラインで全部やっていたのでプロジェクトのツリーがパースペクティブに表示されるだけでもずいぶん便利そうな感じがします。UIの日本語バージョンがフリーで配布されるとなおいいんですが、これだけでもやっていけそうですのでちょっと使ってみようと思います。

|

« Rails Platform発表 | トップページ | JavaがGPLv2オープンソース化 »

コメント

実はUIなどの文字列を外部リソース化するパッチをRadRailsのMLにポストしたりしていて、それがマージされたら日本語リソースを公開しようと思っていのですが、今のところ放置されていますorz

もとのコードはまったく文字列の外部化がされていなか防たので、パッチが大きすぎたのかもしれません。

他のバグ修正パッチなどはマージされていますので、ぼちぼち作業していきます。

投稿: shugo | 2006年11月29日 (水) 22時40分

shugoさんこんにちは。
そうなんですか。パッチが大きすぎてMLでも触る気になる人がいなかったんでしょうか(^^;
UIが日本語化されたらRadRailsももっと普及するような気がします。
ぜひがんばってください!

投稿: rihi | 2006年12月 5日 (火) 21時37分

とりあえず表示だけ日本語化、で良ければ http://d.hatena.ne.jp/hiro-ueda/20061203/p2 ではいかがでしょうか?

投稿: bsdmad | 2006年12月16日 (土) 23時36分

bsdmadさんこんにちは。
なるほど、これは便利ですね!
やっぱり表示だけでも日本語のほうが読みやすくてたすかります。
ありがとうございます!

投稿: rihi | 2006年12月28日 (木) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/4135906

この記事へのトラックバック一覧です: RadRailsをインストールしてみる:

« Rails Platform発表 | トップページ | JavaがGPLv2オープンソース化 »