« コンピューターのかっこよさ | トップページ | 流儀も変化の時期かもしれない »

2006年8月 9日 (水)

なつかしきターボシリーズ

米 Borland、Turbo(Pascal)への回帰

老舗Borlandを回顧できますねえ。
1990年代初頭の開発者にはTurbo Cなんか懐かしい名称じゃないでしょうか。かつてMicrosoftのQuick CとTurbo Cで開発者がバッチリ別れていた頃とか遠い昔のようです。C++ Builderのユーザーは今でも多いはず。

他にBorlandといえばDelphiがありますね。かつてはVisual BasicかDelphiかって派閥争いがあった感じですが、最近企業の開発なんかではDelphiを聞かなくなってきた感がややあります。Delphi扱ってるソフトハウスさんはけっこうあるんですけどね。個人的にDelphiはVBやC#なんかとは違った融通の利き方があていいなと思います。あんまり使ったことないけどね。

ボクはどっちかというとC派なのでBCC5.5が非常に気に入っています。細かいモジュールのカスタマイズとかコマンドラインアプリはIDEよりこっちのほうが直感的なんですよね。基本的にテキストエディタとコンパイラって組み合わせが好きなほうなので、秀丸とBCCとかviとgccとかが気分いいです。ちゃんと時代についていけてませんね。

BorlandのニュースなんてKylix以来はっとしたような気がします。
そういえばKylixって今どうなっているのかな?なんかその他のIDE製品として3行しか紹介されてないんですが。。。
イマイチってことですか?

|

« コンピューターのかっこよさ | トップページ | 流儀も変化の時期かもしれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/2992555

この記事へのトラックバック一覧です: なつかしきターボシリーズ:

« コンピューターのかっこよさ | トップページ | 流儀も変化の時期かもしれない »