« 夏といえば麦茶 | トップページ | 東京大停電!? »

2006年8月13日 (日)

玄箱 - 通信環境を整える

Debianのアップグレードも終わったので、今度はログイン環境などを整えていきます。

まず、telnetで接続して、tmp-kunアカウントでログインします。

---
Debian GNU/Linux 3.1 KURO-BOX
KURO-BOX login: tmp-kun
Password: tmp-kun
---

rootになります。

---
$ su root
Password: root
# id
uid=0(root) gid=0(root) groups=0(root)
---

idコマンドでもちゃんとrootになっているのが確認できますね。
次に、adduserで新しいユーザーを追加します。
アカウントはここでは user1 としておきますが、好きなアカウントを設定してください。

---
# adduser
Enter a username to add: user1
Adding user `user1'...
Adding new group `user1' (1001).
Adding new user `user1' (1001) with group `user1'.
Creating home directory `/home/user1'.
Copying files from `/etc/skel'
Enter new UNIX password: [パスワード]
Retype new UNIX password: [パスワード]
passwd: password updated successfully
Changing the user information for user1
Enter the new value, or press ENTER for the default
        Full Name []: Default User
        Room Number []:
        Work Phone []:
        Home Phone []:
        Other []:
Is the information correct? [y/N] y
---

passwdコマンドでrootのパスワードも変更しておきます。
rootなのでわかりにくいパスワードがいいですね。

---
# passwd
Enter new UNIX password: [パスワード]
Retype new UNIX password: [パスワード]
passwd: password updated successfully
---

ここで、rootとtelnetをexitしていったん接続を終了します。
そして、ふたたびtelnet接続して、今度は新しく作ったuser1でログインしてみます。

---
Debian GNU/Linux 3.1 KURO-BOX
KURO-BOX login: user1
Password: user1
---

rootになります。

---
$ su root
Password: [パスワード]
# id
uid=0(root) gid=0(root) groups=0(root)
---

tmp-kunを削除します。

---
# deluser tmp-kun
Removing user `tmp-kun'...
done.
# rm -rf /home/tmp-kun
---

現在、ホスト名はKURO-BOXとなっていますが、せっかくなのでこれも好きな名前に変更してみましょう。ごく個人的な趣味でATOLLと名づけます。

---
vi /etc/hostname
---

===
ATOLL  ← KURO-BOXの記述を削除して新しい名前に変更
===

hostsのホスト名も編集します。

---
vi /etc/hosts
---

===
127.0.0.1       localhost
192.168.1.100    ATOLL ← KURO-BOXの記述を削除して新しい名前に変更
===

次にSSHをインストールします。

---
# aptitude install ssh
---

質問にはすべてデフォルトで答えてOKです。

コンパイル環境を整えるためにgccもインストールしておきましょう。

---
# aptitude install gcc
Reading Package Lists... Done
Building Dependency Tree
Reading extended state information
Initializing package states... Done
Reading task descriptions... Done
The following NEW packages will be automatically installed:
  binutils cpp cpp-3.3 gcc-3.3 libc6-dev linux-kernel-headers
The following packages have been kept back:
  dhcp-client
The following NEW packages will be installed:
  binutils cpp cpp-3.3 gcc gcc-3.3 libc6-dev linux-kernel-headers
0 packages upgraded, 7 newly installed, 0 to remove and 1 not upgraded.
Need to get 9980kB of archives. After unpacking 32.2MB will be used.
Do you want to continue? [Y/n/?] Y
---

とても重要なコマンド、sudoもインストールしときます。

---
# aptitude install sudo
---

visudoでsudoユーザを追加します。

---
# visudo
---

===
# /etc/sudoers
#
# This file MUST be edited with the 'visudo' command as root.
#
# See the man page for details on how to write a sudoers file.
#

# Host alias specification

# User alias specification

# Cmnd alias specification

# User privilege specification
root    ALL=(ALL) ALL
user1   ALL=(ALL) ALL     ← この一行を追加
===

visudoで起動するエディタはviではなくnanoになっています。
nanoはviと違って書き込みは[Ctrl] + oです。

File Name to Write: /etc/sudoers.tmp

と聞かれるので、sudoers.tmpをsudorsに修正してEnter。

File exists, OVERWRITE ?y

とします。

終了は[Ctrl] + x。

次にFTPサーバ環境。
個人的にProFTPdはあんまり使わないので、違うものに入れ替えます。
ここではvsftpdを採用します。

---
# aptitude remove proftpd
# aptitude install vsftpd
---

/etc/vsftpd.confを編集します。

---
# vi /etc/vsftpd.conf
---

以下の部分を変更します。

===
anonymous_enable=NO
local_enable=YES            ← コメントをはずす
write_enable=YES           ← コメントをはずす
local_umask=022             ← コメントをはずす
ascii_upload_enable=YES     ← コメントをはずす
ascii_download_enable=YES   ← コメントをはずす
===

何かとよく使うwgetもインストールしておきましょう。

---
# aptitude install wget
---

ここでいったんexitして、telnetを終了します。
そして今度はSSHで接続してみましょう。

(*TeraTermを使用する場合、規定の文字コードをEUCにして、[setup]->[SSH Authentication] の keybord-interactive(SSH2) をチェックしておかないと正しくログインできない場合があります。)

SSHでログインできたら、以後telnetを開放しておく必要はないと思います。
telnetを止めるには/etc/inetd.confを編集します。

---
$ sudo vi /etc/inetd.conf
---

===
#telnet          stream  tcp     nowait  root    /usr/sbin/tcpd  /usr/sbin/in.telnetd
===

smtpも必要ないならここでコメントアウトしておいてもいいかもしれませんね。

とりあえずここまでで再起動してみましょう。

---
$ sudo reboot
---

再起動後はもうtelnetではログインできなくなってるし、ホスト名も変わっているはずです。

今日はここまで。
次は何しようか考えてませんが、思いついたらやります。

|

« 夏といえば麦茶 | トップページ | 東京大停電!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/3018833

この記事へのトラックバック一覧です: 玄箱 - 通信環境を整える:

« 夏といえば麦茶 | トップページ | 東京大停電!? »