« ウェブサイトの公共性 | トップページ | 玄箱 - Debian Linuxをインストールしてみる »

2006年7月29日 (土)

中国のインターネット事情

中国のインターネット利用者1億2,300万人、2/3が BB

今週はえらい忙しかったのでブログ更新できませんでした。
このネタも火曜日に書こうと思ってたんだけど、結局土曜日。暑さのせいでバテ気味です。焼肉食いたいわー。

さて、CNNICの発表があったようですが、1億2,300万人。ほぼ日本の人口ですな。これを考えると日本のネット人口の約10倍くらいはあるんじゃないでしょうか。詳しくはわかりませんけど。単純に考えると中国のネットビジネスはこれから本格化する!って思えてきますねー。

ところが、そうはうまいこといかないような気もします。
最近、仕事で上海に行きましたが会社のLANを使ってて、夕方くらいになったら極端に回線速度が落ちる現象に見舞われました。会社の人に「なんか不具合でもあるの?」って聞いたら「となりのビルのネットカフェのお客さんが多くなるとウチの回線が遅くなるみたいなんです。」と言われました。

??なんでとなりのビルが関係あるんだ?
中国でのADSL等の敷設のしかたはどうなっているのかわかりませんが中継器がヘボいのか、考えなしにビルづたいに子ハブをかませるようにツリー状に敷設しているのか。なんしか、現象のみから考えるとネットカフェが混む時間帯にそのビルの隣である会社の回線は遅くなるようです。その会社の人はさも当然というふうにおっしゃってましたが、日本ではちょっと考えられないですよねえ。

『インターネット利用者の週あたり平均接続時間は、調査開始以来最多の16.5時間となった。』とニュースの記事にはありますが、これも単にネット人口が多くなって回線が遅くなったからみんなネットする時間が長くなっただけなんじゃないかな?ボクだって今よりもダイアルアップのときのほうが週あたりの接続時間はダントツ多かったですよ。これが全てとはいいませんが、CNNICもポジティブ分析だけでなく、ネガティブもちゃんと分析して公表してほしいもんです。してるのかな?してなさそうだなw

どうやら中国国内の回線は、回線使用者の人口密度が高いほど速度が遅い傾向があるようです。都会のADSLより田舎のADSLのほうが速い、という感覚があるのかもしれません。ある上海のご家庭では回線速度は2Mの回線で実測120Kほどでした。でも田舎の親戚のところでは1Mの回線で実測350Kほどは出ているとのお話。これは純粋に回線の構築技術の問題であるように思われます。

中国国内では北京五輪の開催に向けて今後さらにネット人口は拡大していくことでしょう。さらに、海外からの来客が多くもなり海外の人が中国国内でネットを使用するケースも格段に増えてくると予想できます。そのときに、現状のような回線状況では先進国ぶりをアピールするどころか、かえって逆効果を生むかもしれません。清洲城も人を入れる前に内装をきちっとつくっておかないとね。

1億2,300万という使用数は市場としてはとても魅力的だと思います。ただ、だからといって日本でもてはやされたブログやSNSといったサービスが中国で何倍もの市場規模が形成できるのか、といった点はいささか疑問視です。なぜなら、先の回線速度も含めて中国では独特のネット文化が形成されているからです。マスに対しての価値観も全然違いますしね。これから中国にネットビジネスで進出しようとお考えの方は、既存の価値観にとらわれず、まずは中国の現状をよく調査して見極めたほうがいいと思いますよ。

なんか中国のネット事情についてネガな部分だけ書いちゃいましたが、別に批判するわけじゃありません。広大な中国全土にネットを普及させること。これは並大抵なことではないと思います。それを実現しているんだから、それはすごいことです。新彊ウィグル自治区の砂漠のど真ん中でもモバイル通信できるんですよ。これこそネットの価値!とも言えるわけです。だからビジネス的には優劣を論じるよりもまず利点と欠点を分析してそれに応じたサービスを展開できたら絶対面白いと思います。

ボクは中国とコンピュータ技術っていうのはこれから面白いキーワードになってくると思っています。その中で特にネットの発展は見逃せません。中国のネットの発展を注視して何かおもしろいアイデアが思いつけると楽しいだろうなあと思います。

|

« ウェブサイトの公共性 | トップページ | 玄箱 - Debian Linuxをインストールしてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125677/2849135

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のインターネット事情:

« ウェブサイトの公共性 | トップページ | 玄箱 - Debian Linuxをインストールしてみる »